トゥモローランド



ジャンル: アドベンチャー
原題 :TOMORROWLAND
製作年 :2015年
初公開年月: 2015/06/06
製作国 :アメリカ
配給: ディズニー
上映時間: 130分
監督: ブラッド・バード
出演: ジョージ・クルーニー ブリット・ロバートソン ヒュー・ローリー ラフィー・キャシディ トーマス・ロビンソン ティム・マッグロウ キャスリン・ハーン キーガン=マイケル・キー クリス・バウアー ピアース・ガニォン ジュディ・グリア


1964年。ニューヨーク万博の会場を訪れたフランク少年は、発明コンテストに参加するもあえなく落選。そんな彼に声をかけてきたのはアテナという不思議な少女。彼女から“Tマークのピンバッジ”を手渡されたフランクは、ウォルト・ディズニーが出展したパビリオン“イッツ・ア・スモール・ワールド”の中で未知なる世界“トゥモローランド”へと導かれていった…。現代のフロリダ、ケープ・カナベラル。宇宙への憧れを抱く17歳の女子高生ケイシー・ニュートンは、ロケット発射台の解体を阻止しようとNASAの宇宙センターに侵入して拘束される。翌日、解放されたケイシーは、返却された手荷物の中に見知らぬピンバッジを発見する。それに触れた途端、目の前に不思議な光景が広がる。やがて少女アテナと巡り会った彼女は、一人の中年男性と引き合わされる。彼こそ、少年時代にアテナによってトゥモローランドへと導かれたフランクだったのだが…。

ウォルト・ディズニー最大の謎にして、最高のプロジェクト

トゥモローランド――それは、人類の未来を救う鍵。
いま、運命の3人にすべてが託された。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
06 トゥモローランド

う~ん…もっと早い段階で違う世界へと行くのかと思ってましたが、シーンとしては僅かでした。そして結構、簡単に危機を回避してましたね~
殆どが選ばれたケーシーが女神の名アテナと名乗るAAの少女のロボットとトゥモローランドを追放されたおっちゃんにひたすら振り回されてるって感じでした。
そしてケーシーも質問ばっかりで僻壁…同じようにシャットダウンしたかったシーンも・・・そして彼女の謎は殆ど答えが用意されてませんでした(笑)もう、いろんな突込みができちゃいます。なんで?なんで?と見終わってケーシーの如く質問攻めにしたい気分。だけど、的確な謎解きが無いのは勝手な想像しても良いって事で?そう言うの嫌いじゃ無いんで楽しめましたが(笑)


幼い頃から宇宙に行きたいと願うケーシーはNASAが撤退する事に業を煮やし妨害に勤しんでる。でも結局は捕まっちゃって、幸い父親のお蔭で釈放されたけど、その時に返された荷物の中に紛れ込んでたピンバッチ。それに触れると風景が一変した。だけどそれは彼女だけだった…
そんな彼女を見守ってるのは少女のアテナ、彼女に希望を見出してる?
ピンを堪能したいと広い野原に出掛けるケーシーだけどピンの見せる風景には時間制限があった。ピンの効力が切れ、彼女は同じピンを探しに向かう…

そして理解不能な事が次々に起こり、アテナに助けられ、彼女の正体を知り、逃げるけど好奇心が勝りアテナが引合すおっちゃんと出会い、そしてかの地へ向かう!そして衝撃の事実を知り、その真相を暴きアテナの犠牲がありケーシーは次の時代へ担う事に…
単純なお話しだけど何故は残っちゃってますが、取りあえず気にせず楽しめます。
古い時代の化学が好きならワクワクできるかも?そしてSFチックなシンデレラ城は良いね。映像は確実に楽しめます。

因みにちびっこのキレキレなアクションは大好物なのでアテナに注目でした♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード