2015’06.08・Mon

天才スピヴェット



ジャンル: アドベンチャー
原題: THE YOUNG AND PRODIGIOUS T.S. SPIVET
製作年 :2013年
初公開年月:2014/11/15
製作国 :フランス=カナダ
配給: ギャガ
上映時間 105分
監督: ジャン=ピエール・ジュネ
原作: ライフ・ラーセン
『T・S・スピヴェット君 傑作集』(早川書房刊)
出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム・カーター、ジュディ・デイビス、ジェイコブ・デイヴィーズ、ドミニク・ピノン


10歳にして権威ある科学賞に輝いた天才少年スピヴェット。スピーチをするべく、バラバラになった家族に黙って田舎町モンタナからワシントンへと向かう“壮大な家出”を描く

泣き方だけが、
わからない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
かなり変わった家族。100年前に生まれるべきだったカーボーイの父、昆虫研究をしてる母とは昼と夜くらい違う性格。ミスと女優をを夢みてる姉が一番普通なのかも?そして二卵性双生児のレントンとスビヴェットは、至って普通で父のお気に入りの弟、レントンに比べスピヴェットは天才なんですよ。ただ親にも学校の教師にも認めてもらってなけど…その分、発信してるから凄いです。そして犬のタピオカ。この家族には悲しい事が…レントンが銃の事故で亡くなっちゃう。その時から家族は少し違う感じになってしまった。その事にとっても気をもんでるスピヴェットだけど彼の発明が、スミソニアン博物館からベアード賞を受賞したと連絡を貰う。最初は父親だと嘘をついて授賞式を断るけど…彼は一大決心をするんです。そう、一人でスミソニアン博物館を目指す!大きな荷物と一緒に母の日記をくすねて(-_-;)家族には置き手紙、普段は止まらない貨物を止め?勝手に乗り込んで大陸横断。一人ワシントンを目指す彼のロードムービーは孤独なようで色んなことを振り返り、色んな出会いを重ねる事に…わずか10歳だけど(笑)
スピヴェットの知恵と運と行動でなんとか辿り着き、そして自分の発明だと証明できたら、途端に天才少年に祭り上げられる!彼は授賞式で弟に対する思いを打ち明けるんだけど…弟レントンの事で思い悩んでたのは、両親もだったのね~彼の壮大な家出で家族はまた繋がるのかなぁ?
それにしても長い夫婦喧嘩の割に…母親のお腹に新しい命が宿ってるのが夫婦の七不思議ですね(笑)天才で的確に相手を分析してるスピヴェットだけど、それでも10歳の男の子であることに変わりなく…そして彼を愛してるのはやっぱり家族なんで、スピヴェットが愛してるのも家族なんですよね。当然だけど…ちょっとだけ見失ったりもするもんですね。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieレンタル

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL