2015_06
03
(Wed)21:00

サン・オブ・ゴッド



ジャンル: ドラマ
原題: SON OF GOD
製作年 :2014年
初公開年月: 2015/01/10
製作国 :アメリカ
配給 :ブロードメディア・スタジオ
上映時間: 138分
監督: クリストフ
出演:イエス:ディオゴ・モルガド ポンティオ・ピラト:グレッグ・ヒックス マリア:ローマ・ダウニーァー・スペンサー


ローマ帝国支配下のユダヤ。「イスラエルの王」になると預言された子供が誕生し、彼はイエスと名付けられる。成長したイエスは人々に神の言葉を伝えるために伝道活動を開始。その教えは次第に民衆へと広まり、彼の人気は日に日に高まっていく。だが、民衆の暴動を恐れたローマ帝国の権力者は、イエスを邪魔者とみなし、彼を捕らえて死刑に持ち込む計画を開始する…。

すべての物語は、ここから始まる

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
意外と聖書のお話しが好きなんです。監督によってどこに視点を置くのかも様々だし、はっきり言って適当にしか内容を知らないので見るたびに新鮮な個所を見つけて楽しんでます。不謹慎?かな?無神論者の戯言とお許しください。

今作はローマ帝国との絡みが新鮮でした。そしてイエスを演じてる役者さんがメチャ男前でした。彼が鞭打たれ十字架を背負う様子は痛々しくって見てられませんでした。
イエスと言う存在が今でいうカリスマ宗教家みたいだと思うんですが、解いてる事は自分に利益がある事では無く、彼は本当に神の子だったのでしょうか?実は黒人だったと言う説もあったりするようですが…ただ古い物語が宗教と言う形で現代で語り継がれてるのは凄い事ですね。
そしていつも思うのは…イエスは宗教を理由に戦争しろとは言ってないと思う。神の教えを布教し平和を願ったと思うんですけどね~なんでこうも解釈が変わり?現代に至ったんでしょうね。
それはともかく…長い作品だけど聖書を読みよりはうんと解りやすいので興味のある方はどうぞ…って感じです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック