夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

チャッピー



ジャンル: アクション
原題 :CHAPPIE
製作年: 2015年
初公開年月: 2015/05/23
製作国: メキシコ アメリカ
配給 :ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 :120分
監督: ニール・ブロムカンプ
出演: シャールト・コプリー デヴ・パテル ヒュー・ジャックマン ニンジャ ヨ=ランディ・ヴィッサー ホセ・パブロ・カンティージョ シガーニー・ウィーヴァー


2016年。南アフリカの犯罪多発都市、ヨハネスブルグ。ディオンは警察用ロボットを開発する軍事企業テトラバール社に勤める才能溢れるエンジニア。彼は世界初となるAI搭載の戦闘用ロボットの製造を会社に提案するが、却下されてしまう。そこで、会社には内緒で独自にAIロボットを製作するが、あろうことかギャングに誘拐されてしまう。ギャングたちは、“チャッピー”と名付けたそのロボットに強盗を手伝わせようと目論んでいた。そんなギャングたちが与える知識を、スポンジが水を吸うように吸収し、急速に成長し始めるチャッピー。そんな中、ディオンの同僚で彼に激しい敵意を抱くヴィンセントがチャッピーの存在に気づき、ある奸計をめぐらすが…。


…ボクを…なぜ怖がるの?…
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


05 チャッピー

う~ん…見終わったあとの感じが何か別の作品と似てるなぁ…と思ってたら、監督に名前で納得。全く違う話なのにラストの感覚が同じなんですよね。希望なのか破滅なのか…ちょっと解らない感じもします。

ヨハネスブルグは犯罪が多発、とうとうロボットの警察官を採用。提供する会社はホクホクです。その警察官を開発したディオンは更にAIもチャレンジしたいと家でも開発に勤しんでいた。
だけど不幸にギャングに目を付けられロボット警官のスイッチを切らせるために誘拐されちゃう。その時、車に積んでいたのが廃棄されそうになってたロボットと開発したてのAI。
ギャングの希望は叶わないが心を持ったロボットを提案。そしてインストールしチャッピーが生まれる。そこに居合わせたギャングの女性は…怯える者には母性が生まれるのか?チャッピーを保護したいと考えるのね。だけど他の男どもは強盗の手伝いをして欲しいと希望し、生みの親であるディオンは感性を深めて欲しいと願う???
だけどその目論見は…同じエンジニアでライバルの男につぶされると言うか邪魔される。
またこの男の思想もかなり危険だね~

チャッピーを教育したのはギャングたちだけどピュアなチャッピーを少しずつ認め始めちゃうと言うか…ちょっとだけ良い人かも?なんて思ったりして?!やってる事は滅茶苦茶だけどね(-_-;)

チャッピーを廃棄寸前のロボットにインストールしたのはそのロボットがバッテリ交換出来ない破損があったので命とは?感情とは?なんて疑問を残してラストを迎えるんだろうなぁ~なんて思ってましたが、違う世界に行きましたね~そう言う流れ?

人間とは永遠の命を欲し、それは器は何でも良いと考え始めてるのか?なんて最近のと言うか結果的にその方向に流れる漫画やSFや映画を見ると疑っちゃう。まぁキリスト教的考えは体は借り物らしいから、有機物の体じゃ無くて無機物でも可?と極論に行きやすいかもね~チャッピーに諭してた女性もそれらしきことを言ってた、だけど人間が言うのは神の教え…神を持たないAIの考えは…

AIが開発され、直ぐに次のステージへ…それは可能かも知れませんね。なにせ知識量と吸収力が違うものね。そして思考と言うか感情と言うか…人間の体から解き放たれた魂は最大限の知識を得て、究極の知は平和へと導いていけるのでしょうか?

地球が寿命を迎えるのが先か?人間が体を必要としなくなるのが先か?未来はちょっとしたことで変化するけど、そのちょっとしたことが生まれる可能性の方が少ないのか?

それにしてもロボットの警察官が使えなくなったとき、解き放たれたように悪が暴れ出す…抑圧だけで平和は保てないって事なんでようね。だったら平和を維持するのってどうしたら良いんでしょうね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター