2015_05
26
(Tue)21:29

メイズ・ランナー



ジャンル: アクション
原題: THE MAZE RUNNER
製作年 :2014年
初公開年月: 2015/05/22
製作国 :アメリカ
配給:20世紀フォックス映画
上映時間: 113分
監督: ウェス・ボール
原作: ジェイムズ・ダシュナー
『メイズ・ランナー』(角川文庫刊)
出演: ディラン・オブライエン ウィル・ポールター カヤ・スコデラーリオ トーマス・ブローディ・サングスター アムル・アミーン キー・ホン・リー ブレイク・クーパー ジェイコブ・ラティモア クリス・シェフィールド ジョー・アドラー デクスター・ダーデン カール・グリーン ランドール・D・カニンガム アレクサンダー・フローレス パトリシア・クラークソン


その青年が意識を取り戻したのは動く檻の中。そのまま送られた先は巨大な壁に囲まれた草原の広場。待っていたのは、彼と同世代の若者たち。一切の記憶を失った彼が、かろうじて思い出したのはトーマスという自分の名前だけ。そんなトーマスは、若者たちからこの世界の謎めいた仕組みを説明される。それは、壁が巨大な迷路になっていて、夜間になると閉じられ、翌朝には新たな道順が出現するというもの。彼らはこの広場(グレード)でコミュニティをつくって生活し、“ランナー”と呼ばれる精鋭たちが、出口を発見すべく危険な迷路探索に挑んでいた。しかし、未だ迷路の構造も謎も解明できずにいた。もはや脱出を諦め、現状を甘んじて受け入れようとする者が出てくる中、トーマスは先輩ランナーのミンホとともに、命がけの探索を続けていくが…。


その「迷路(メイズ)」は、
どこまでも追ってくる。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

05 メイズ・ランナー

3部作…またか~って悲しい思い(-_-;)忘れない間に次回作の上映をお願いします。
金網のエレベーターで急浮上、自分の状況が把握できない男とロゴの入った物資。
目的地に到着し迎えられたのは自分と同世代の若者たち。彼は全く記憶が無く、そこに居る若者全てがそうだと知る。
この地に長くいる者に状況を説明されるが納得がいかず、周りに高くそびえる壁に違和感を覚える。その壁は毎夜、変わる巨大な迷路。夜には閉ざされる迷路の中にはモンスターが存在してるらしい?秩序が保たれてるかのような土地に新入りのトーマスは抜け出す道は…と模索する。
そして好奇心の強い彼は今までの秩序を少しずつ逆らい、その事に恐怖するものまで出てくる。
更に若者は男ばかりだけで女が送られてきて最後だと言うメモまで手に握ってた…更に夜には閉まる迷路の壁が開け放たれモンスターが襲い始める、彼らの運命は…

何かの実験だとは想像できます。迷路を抜けれる事も想像できる…その先に何があるのか!それが
気になる作品ですが…謎は一切解りません。三部作なんで(-_-;)
迷路を抜け出した若者たちは地球の現状を突きつけられます。閉じ込められた訳も開かされますが、そこには突っ込みどころ満載で、更にそれは嘘だと解るところまで描かれてます。じゃ?なんで~なんですよね~次回作楽しみです(-_-;)
そうそう、トーマスと最後の女性はどうも被験者でなく研究者のような気もします。被験者のためにわざわざ危険な道を選んだかのような気もしたけど、彼らも大きな企業によって被験者としておくられたようですね。

トーマスと敵対するギャリーを演じてた役者さん、ナルニアにも出演してて直ぐわかった…彼はこう言う役周りが多い気がする?!それってやっぱり顔立ちなのかしら?
とにかく若手がいっぱいで楽しみ!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック