夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

駆込み女と駆出し男




ジャンル: ドラマ
製作年:2015年
初公開年月 :2015/05/16
製作国 :日本
配給: 松竹
上映時間: 143分
監督: 原田眞人
原案: 井上ひさし 『東慶時花だより』(文春文庫刊)
出演: 大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名 陽月華 キムラ緑子 木場勝己 神野三鈴 武田真治 北村有起哉 橋本じゅん 山崎一 麿赤兒 中村嘉葎雄 松岡哲永 赤間麻里子 松本若菜 でんでん 井之上隆志 山路和弘 大鳥れい 中村育二 宮本裕子 樹木希林 堤真一 山崎努


時は天保十二年(1841年)、質素倹約令が発令され、庶民の暮らしに暗い影が差し始めた江戸時代後期。この時代、夫が妻と離縁することは容易だったが、妻のほうから離縁することはほぼ不可能だった。鎌倉の尼寺、東慶時は、そんな妻たちの離縁を可能にする幕府公認の縁切寺。寺に駆け込み、2年を過ごせば離婚が成立した。駆け込み女たちはまず御用宿に預けられ、そこで身元の調査が行われる。戯作者に憧れる見習い医師の信次郎は、江戸を追われ、そんな御用宿のひとつ、柏屋に居候することに。そして、叔母である柏屋の主人、三代目源兵衛の離縁調停を手伝い始める。そんなある日、顔に火ぶくれを持つじょごと、足を怪我したお吟が、東慶時に駆け込んでくるが…。

江戸時代の離婚は現代の2倍!? 離縁調停人が人生再出発のお手伝い、承ります。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

05 駆込み女と駆出し男

原田眞人監督初の時代劇、難しい江戸言葉?時代考証しすぎ?を早口でしゃべられると聞き取りにくい&聴きなれない言葉で何を言ってるのか解らないところがあり、邦画なのに字幕があれば…と思った。カタカナの言葉じゃ無く漢字の羅列の言葉なんだけど…日本人なのにね~解らん。謡い言葉と揶揄も混じった…ある意味ストレートじゃ無い会話は粋なんですが、注釈が欲しい(T_T)
まぁそれはともかく、駆け込み寺の存在は知ってても仕組みとか知らなかったのでとってもテーマは新鮮な気がしました。そして不幸を感じる女達、DVで苦しむ女達だけが駆け込むのでは無いと言う事も描かれており、なるほど離婚の理由も様々なんだと思いました。

自分の余命を察し夫の涙を見たくなと駆け込む女や酒飲みでどうしようもない夫だけど愛してる。でも、捨て子の自分を拾ってくれた両親に申し訳なくって駆け込む女。様々な女が救いを求めてやってくる。

貸本屋を営み申し分のない内縁の夫…だけど彼女は離婚を求めて寺を目指すが駕籠かきに襲われて怪我をする。そこへ鍛冶屋を営み夫に代わって現場を仕切るじょごが愛人宅に入り浸る夫に暴力を振るわれ自分の立場に迷い、山道に入った所で出会う。
2人は一緒に寺に向かう、門前の前で追ってくる男の存在が、じょごは男を張り倒し無事駆け込むが…男は御用宿を営む主人の甥だった。彼もまた江戸でトラぶって叔母の所に逃げてきた医者見習いで戯作者を目指す信次郎。
御用宿では女の身元調査をし、認められたら寺に入ることが許される簡易裁判所みたいなところですね?!
そして侍姿の女なども駆け込んで寺に入ることに、寺では寺法を守り秩序ある生活。仏門に仕え仕事をし剣術まで学ぶ女達。だけど2年も男を見てない若い女はちょっと怖い気もしたけど(-_-;)
じょごは信次郎の教えで薬草に精通してきて薬草畑まで作るように…女たちの手当てまでできるようになる。
だけど江戸は娯楽を禁止した厳しい時代、そして寺の行く末も危うい、そこへスパイが入り込むが…実は法秀寺尼には秘密があり、その秘密で救われるんだよね~ちょっと意外な展開で印象に残りましたね。

じょごが駆け込んで2年が過ぎ、無事に離縁状を手にするけど、元夫は改心し仕事も真面目にこなし職人達までが認めてる、手にはやけどの跡も…そんな状況で詫びを入れるけど、じょごは戻らない…だってそこに愛がないもん。最初から真面目だったら生まれたかも知れない愛だけど、彼女は2年の間に知っちゃったんだもんね~男女の恋愛にはタイミングも必要なのかもね?!

じょごの元夫はマシだけど…どうしようもない男も居てる…そんな奴が刀を持つ怖さ、一方、妻の願いを悟り静かに見守る男も…素直なのか素直じゃ無いのか?とにかく自分の生き様を通すのも江戸と言う時代ならではなのかな?!なんて思ったりもしました。

ちゃんと張られた伏線を丁寧に消化し色んな不幸や悲しみを持つ女を描きそして前向きになれる作品になってます。ちょっと長いけど…長さは気になりませんでした。
ただ、体は正直で…固まってましたが(笑)見終わって椅子から立って最初の一歩が辛いんですよね~

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター