夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ぼくを探しに



ジャンル :コメディ
原題: ATTILA MARCEL
製作年: 2013年
初公開年月: 2014/08/02
製作国 :フランス
配給: トランスフォーマー
上映時間 :106分
監督: シルヴァン・ショメ
出演:ギョーム・グイ、ベルナデッド・ラフォン、エレーヌ・ヴァンサン、ルイス・レゴ、ファニー・トゥーロン、ケア・カン、ギレム・ペレグラン、ジャン=ポール・ソラル


幼い頃に両親を亡くし、その時のショックから言葉を話せないまま大人になったポール。彼はダンス教室を営む風変わりな伯母姉妹アニー&アンナに育てられた。姉妹はポールを世界一のピアニストにしようと必死で、ポールはそんな姉妹のもとでダンス教室を手伝い、ピアノの練習に明け暮れる静かな日々を送っていた。そんなある日、彼は同じアパルトマンに住む謎めいた女性マダム・プルーストと出会う。彼女が勧める不思議なハーブティーを飲んだポールは、赤ん坊の頃の幸せな記憶を呼び覚ます。以来、マダム・プルーストのハーブティーを飲んでは、封印されていた過去の記憶を取り戻すことに夢中になっていくポールだったが…。


音楽、スイーツ、
不思議なハーブティー。
しあわせの鍵は、
記憶の中にある。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

なんだか良かったと言うか不思議な感じでしたね~
叔母姉妹に育てられたポールは2歳の時に彼の目の前で両親が亡くなってる…それをきっかけに彼は声を発しない。今は叔母たちと暮らしピアノを奏で、叔母たちのバレエ教室を手伝いながらコンクール優勝を目指してる。
ある日、ピアノの調律をしてくれる盲目の男性がレコードのジャケットから中身が落ちたのが解らず同じアパートに住むマダムの所へ入って行く。ポールはレコードを持って追いかけると部屋はとっても不思議な空間でした。そして出されたハーブティーを飲んだポールは数時間記憶を失くす。不思議な感覚に囚われた彼はある日部屋にマダムのメッセージが…両親の事を思い出させてあげると言われ差し出されたハーブティー。そして赤ちゃんの時のおもちゃの音色…その中でポールは両親や若い叔母の事を思い出す。彼はそれにのめり込み、定期的にマダムの部屋へ。マダムもある事に悩み、そして悲しい過去を持っていた。ポールの身の回りがにわかに変わり始める…
だけど懐かしい思い出には毒もあり、そして両親の秘密も…
ラストは爽やかに終ります。ラストが解りにくいフランス映画にしては珍しいけど、なんだかホッとしました。ポールのキャラが素敵です。そしてマダムの衣装が民族風で可愛いです。
それにしても叔母姉妹…意外と辛い人生だったかも?!それでもポジティブなんだか明るかったのが良かったです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー