夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

プールサイド・デイズ

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB プールサイド・デイズ 光沢プリントポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB プールサイド・デイズ 光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る


ジャンル :コメディ
原題 :THE WAY, WAY BACK
製作年 :2013年
公開: 2014年6月4日
製作国 :アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
上映時間 :103分
監督: ナット・ファクソン
出演:スティーヴ・カレル、トニ・コレット、リアム・ジェームズ、アンナソフィア・ロブ、サム・ロックウェル、アマンダ・ピート


ある夏。ちょっと冴えない少年ダンカン(リアム・ジェームズ)は、母親のボーイフレンド(スティーブ・カレル)からビーチハウスに招待される。だが、ダンカンの内気な態度に周囲は飽きれ気味。そんな中、ダンカンがウォーターランドをぶらついていると、従業員のオーエン(サム・ロックウェル)と出会い、ダンカンは彼と共にここで働くことになる……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

引き籠りがちの14歳ダンカンの一夏の物語。母親と共に母親の恋人とその娘と4人で過ごすために恋人のビーチハウスへ招かれるダンカン。お隣さんの酔っ払いの母親と自分より少し上の娘、そして斜視の手術が失敗した幼い息子が派手に迎えてくれる。ダンカンの気分はとってもブルー。だって道中、母親の恋人に3点の見下りを付けられたから…それじゃ無くても不満だった彼はビーチハウスに居場所を見いだせない。母親も息子を心配してるけど、恋人の対応もまぁ?間違いない?子離れすべきと少し突き放した感じかも?!息子も母が心配だけど…まぁ14歳だし微妙に大人の事情も納得できちゃうおかな?!
ビーチハウスの近くには海もあるけど…彼はそこに居場所を見つけられず、納屋で見つけた子供用の自転車で遠出をする。そこで知り合ったプールの従業員オーエンは少年のまま大人に成ったような人だけどダンカンに上手に触れ、そしてプールでバイトするオファを受ける。
ダンカンはここが居場所だと言わんばかりにバイトに励むの。バイト先の人々は皆、良い人で彼も素直に従い働く。だけど昼間姿を消す息子を心配する母親…そして母親の恋人が浮気してる事に気が付き!!!!

ダンカンはオーエンに出会った事で大人になる…求めてた父親だったのかも知れないね~
そしてダンカンは母の元に戻るけど…きっと母親を支えていけるようになってるかも?!

小物の使い方、人の配置や役柄がなんだか凄く良いの…
そして涙するシーンじゃなんだけど切なくって泣いちゃいました(?_?)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター