アルバート氏の人生

アルバート氏の人生 [DVD]アルバート氏の人生 [DVD]
(2013/08/02)
グレン・クローズ、ジャネット・マクティア 他

商品詳細を見る



ジャンル: ドラマ
原題: Albert Nobbs
製作年: 2011年
初公開年月: 2013/01/18
製作国 :アイルランド
配給 :トランスフォーマー
上映時間: 113分
監督: ロドリゴ・ガルシア
原作: ジョージ・ムーア
出演:グレン・クローズ、ジャネット・マクティア、ミア・ワシコウスカ、アーロン・ジョンソン、ブレンダン・グリーソン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ポーリーン・コリンズ、ブレンダ・フリッカー、アントニア・キャンベル=ヒューズ、ミア・ワシコウスカ


19世紀のアイルランドを舞台に、一人で生計を立てるために男性として生きざるを得なかった孤独な女性の苦悩と哀しみを切ないタッチで綴る。監督は「彼女を見ればわかること」のロドリゴ・ガルシア。19世紀のアイルランド。長年モリソンズホテルで働くアルバート氏は、常連客からの信頼も厚い優秀なベテラン・ウェイター。しかし私生活では人付き合いを避け、固い殻に閉じこもった孤独な生活を送っていた。なぜなら、アルバート氏は女性だったのだ。そんなある日、自分らしく生きるヒューバートと出会い、自分を偽り続けてきた彼女の心に大きな変化が訪れるのだが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
冒頭の雰囲気からハッピーが待ってる話じゃ無いなぁ~って感じです。
19世紀、女が一人では行き難い時代…アイルランドのホテルでとっても気が利く初老のウエイター、アルバートはチップを貯めて自分の店を開くことを目標としてる。お金は床板の下へ…だけど秘密はそれだけじゃない、彼はなんと女だった。
ホテルの塗装のために職人が一晩泊まることに、ホテルのオーナーは度ケチなマダムで彼女はアルバートの部屋に職人を泊める事に…断る術がないアルバートは渋々受け入れるけど職人のヒューバートに女であることがバレてしまう。アルバートは秘密にしてくれるように頼み受け入れてもらったけど心配で心配で…だけどヒューバートも女だった!アルバートと違い堂々とし、結婚までしてる。ヒューバートに出会った事でアルバートには変化が、そして自分も同じように伴侶を得て店を開きたいと考えるのだけど…

アルバートはゲイでは無いんですね。伴侶に求める者はピュアでどちらかと言うと同居人?寂しさを埋める相手…最初は店を持って女に戻りたいのかと思ったんですけどね~アルバートは残りの人生も男として生きる事しか考えてなかったのが不思議でした。まぁ彼が男の人生を選んだ理由が余りにも切ないけど…女は独立出来ない時代でもあったのかも?!

アルバートは同じホテルで働く明るいメイドに恋すると言うか…なんだろう?可愛いと思ったのかなぁ?だけど彼女にはいい加減な恋人が居てその男の言うとおりアルバートに貢がそうとするんだけど、メイドはそこまで悪い人じゃ無かったですね。それでも男の言いなりに成っちゃうのは女の悲しさでしょうか?彼女と小さな店を開く…アルバートのささやかな夢。
だけどホテルはチフスに侵されアルバートも何とか一命をとめるけど…
チフスは街を襲いヒューバートの妻も死に孤独感に襲われた彼にアルバートの提案は突拍子も無いけど、とにかく寂しかったんですね。2人がドレスを着て海辺をはしゃぐ姿が寂しかった…シューバートは互いに生きる道を見出そうと言うけどアルバートの命運は…やっぱり少しは幸せに成って欲しかったと思うけど、それでも良いラストだと思ったかな~
後日談のマダムの対応には呆れるばかりだけど、ヒューバートとメイドの再開は小さな希望を残して終わります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード