2015_04
03
(Fri)21:39

誰よりも狙われた男

【Amazon.co.jp限定】誰よりも狙われた男 (レイチェル・マクアダムスL型ブロマイド付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】誰よりも狙われた男 (レイチェル・マクアダムスL型ブロマイド付) [Blu-ray]
(2015/04/03)
フィリップ・シーモア・ホフマン、レイチェル・マクアダムス 他

商品詳細を見る


ジャンル: サスペンス
原題: A MOST WANTED MAN
製作年: 2013年
初公開年月: 2014/10/17
製作国: アメリカ=イギリス=ドイツ
配給: プレシディオ
上映時間 :122分
監督: アントン・コルベイン
原作: ジョン・ル・カレ
『誰よりも狙われた男』(早川書房刊)
出演: フィリップ・シーモア・ホフマン レイチェル・マクアダムス ウィレム・デフォー
ロビン・ライト グリゴリー・ドブリギン ホマユン・エルシャディ ニーナ・ホス ダニエル・ブリュール メディ・デビ ヴィッキー・クリープス コスティア・ウルマン マルティン・ヴトケ ヴェダット・エリンチン ライナー・ボック ダリヤ・アラボラ


ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関によって一人のチェチェン人青年イッサ・カルポフの密入国が確認される。イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった。テロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは、彼を泳がせてさらなる大物を狙う。一方、親切なトルコ人親子に匿われ政治亡命を希望するイッサを、人権団体の若手女性弁護士アナベル・リヒターが親身になってサポートしていく。イッサは、そのアナベルを介して銀行家のトミー・ブルーと接触を図る。CIAも介入してくる中、アナベルとトミーの協力を強引に取り付けるや、ある計画へと突き進むバッハマンだったが…。

その瞬間、世界の全てが敵となった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
アメリカって国は…とラストで呆然となる。
折角、固めて来たミッションを全て掻っ攫っていく…それはスパイ組織でも同じなんだね~
ホフマン演じるギュンターのふぁっく~~~の雄叫びが全て物語ってます。
遺作です…素晴らしい役者だと思ってました。もう新作で見られないのは悲しいです。

スパイアクションでは無く、ちゃんとサスペンスで言ってみれば地味なスパイものです。
だけど現実はこんな感じでしょう。ギュンターは過去に大きな失敗をしてますが、それはアメリカのせい(-_-;)なのに今度も信じちゃうのは人が良いのか?だけど、大きなテロ組織相手に1国では対応できないのも事実なのかも?!
ギュンターは率いる諜報機関は一人のチェチェン人青年の密入国を確認する。
彼を泳がせて大物にたどり着きたいと考えるギュンター、他国の諜報部員はさっさと逮捕なんて言ってるのをなだめ時間を得る。青年に血家具く人権団体の女性弁護士と青年の父親が残した資産が眠ってる銀行家に近づき、無理やり協力を得る!そして青年の辛い過去なんかも浮き彫りになる。そして微妙な駆け引きで大物に近づく事に成功するんだけど…

ギュンターは青年に次の道を残そうと模索するんだけど、それすら粉々…なんだかなぁ~って感じで終るのは後味悪くってそしてアメリカってそうだよね~って妙に納得したりも…

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック