2015_03
19
(Thu)20:45

ソロモンの偽証 前篇・事件

【チラシ2種付映画パンフレット】 『ソロモンの偽証 前篇・事件』 出演:佐々木蔵之介.永作博美.黒木華【チラシ2種付映画パンフレット】 『ソロモンの偽証 前篇・事件』 出演:佐々木蔵之介.永作博美.黒木華
()
松竹

商品詳細を見る


ジャンル: サスペンス
製作年: 2015年
初公開年: 2015/03/07
製作国: 日本
配給 :松竹
上映時間: 121分
監督: 成島出
原作: 宮部みゆき
出演: 藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩 西村成忠 西畑澪花 若林時英 加藤幹夫 石川新太 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 黒木華 田畑智子 池谷のぶえ 塚地武雅 田中壮太郎 市川実和子 江口のりこ 森口瑤子 安藤玉恵 木下ほうか 井上肇 高川裕也 中西美帆 宮川一朗太 嶋田久作 津川雅彦 余貴美子 松重豊 小日向文世 尾野真千子


クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警察も学校も飛び降り自殺と判断するが、後日、学校関係者のもとに、柏木の死は自殺ではなく、大出俊次をリーダーとするいじめグループによる殺人だったと訴える匿名の告発状が届く。やがてそれはマスコミにも伝わり、ワイドショーを連日賑わすことに。それでも学校側は穏便に事を収めようと後手を踏むばかりで、事態は悪化の一途を辿っていく。そんな中、事件の第一発見者で2年A組のクラス委員を務める藤野涼子は、大人たちには任せておけないと、自ら真実を暴くべく立ち上がる。そして、全校生徒に対し大出を被告人とする学校内裁判の開廷を提案する藤野だったが…。

嘘つきは、大人のはじまり。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

03 ソロモンの偽証 前篇・事件

ある学校に赴任してくる女性教員。待ち受ける校長…教員は自ら卒業した学校である。あの事件の時にまさに中心的に動いた中学生。校長はその事件を詳しく聞かせて欲しいと…語り始めるあの中学生時代の話し…

クリスマスイブの日、珍しく大雪で積もった道を同じ兔の世話をする係りの二人が少し早めに登校。正門で雪かきするのは教師?生唾を吐いたのを見て女子学生、藤野は不快感を覚え二人は通用門へ。そこで見つけたのは同級生の死体。
担任教師は同級生の死をクラスに報告するが泣き崩れる…自分の至らなさを悔いてはいるが…死んだ生徒の真っ直ぐな視線は怖かったと語る。
遺書は無かったけど自殺とされるが、告発文が届く…学校の校長とそして同級生であった藤野の所へ藤野の父は刑事だから?そして本人の手元には届かなかったもう一通は担任教師の元へ。
刑事と校長は騒ぎが大きくならないようにと、クラスメイトの聞き取り調査で告発文の送付者を探そうとするのだけど、届かなかった一通がマスコミの手に渡り騒ぎが大きくなることに…

告発文を書いたのはクラスの女性2名、二人は告発文で指摘した男子生徒たちに苛められてた…それを見て行動に出なかった藤野…それを指摘した死んだ生徒。告発された男子生徒たちは…
告発した二人の女生徒の一人が事故で亡くなると騒ぎは更に大きくなりクラスメートにはモヤモヤ感に支配される。そして現れたのは死んだ生徒の小学校時代の同級生。彼の指摘は的を得て、そして藤野の心にこの思いを払しょくしたい、真実を知りたいと言う思いが芽生え、そして大人たちの手を借りず学生だけで裁判を起こそうと決意する。


事件は自殺か他殺なのも何となく理解でき、誰が告発文を出し、何故、そんな事をしたのか?そして告発された男子生徒の事実など第三者の目で見て的確に解ります。そして気が付くと…大きな事件にも関わらず悪者が居ない事、悪だと思ってたら子供たちのSOSでだけど学校と言う中では世間がかなり狭い事、大人は手に負えなくなると逃げ出すか上から押さえつけようとする事。
担任の教師なんて…精神が病んでました。校長先生もギリギリだったなぁ~残った教師は自分の都合で生徒を抑え込む…だけど唯一、理解してくれた先生が居た。そして藤野の母親も理解を示し協力してくれる。大人と向き合える子供は成長できるのだと思う。

後半では裁判…そこでドンデイ返しになるのか?それとも前半で見た事件のままなのか?原作を読んでないので解りませんが、どう収まるのか…それがとっても楽しみです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック