ヒッチコック

ヒッチコック [Blu-ray]ヒッチコック [Blu-ray]
(2014/02/05)
アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
原題: HITCHCOCK
製作年 :2012年
初公開年月: 2013/04/05
製作国 :アメリカ
配給 :20世紀フォックス映画
上映時間: 99分
監督: サーシャ・ガヴァシ
原作: スティーヴン・レベロ
『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』(白夜書房刊)
出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、マイケル・スタールバーグ、ジェームズ・ダーシー、マイケル・ウィンコット


困難を極めた製作の舞台裏を、ヒッチコックとその妻アルマとの知られざる夫婦の愛憎物語を軸に描き出す。監督はドキュメンタリー「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・ガヴァシ。1959年。次回作へ向け誰もが驚く映画の企画を探すヒッチコックはやがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。しかし、優秀な映画編集者にして脚本家でもある妻アルマはこの企画に懐疑的。案の定、映画会社からは出資を拒否されてしまうが…。

神と呼ばれた男、神を創った女。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
サイコを撮影すると同時に実生活では妻との確執があった事を描く。
北北西…の撮影が終わったヒッチは次の作品を模索してた。勧められる作品に気持ちが動かないヒッチはある1冊も本と出会うが、それは実際の連続殺人犯を描いた作品だった。
スポンサーも配給会社も映倫も嫌悪感を描いてる作品をヒッチは撮ることに決め、集まらない資金は今の家を抵当に入れ工面した。
妻は全力でサポートするが、互いは少しずつ価値観がずれ始めていた?妻は脚本家と共著に喜びを感じるがヒッチは浮気を疑ってた…彼は主演女優と浮気する割には妻が居ないとどうしようもないんですね~サイコのモデルの殺人鬼のマザコンとそう変わりない人なのかも…だから自分との共通な部分を感じてたのかも?!
俳優を選出したのも妻だし、ヒッチが風邪で寝込んでる時、撮影現場を指揮したのも妻だったり…そして時代だとは思うけど妻は常に控えめな存在であった…それに不満を感じてないけどヒッチの態度にはかなり不満だったかな?!

でも、最初から映画作りに参加してた妻は妻と言うだけで無い最強のパートナーだったかも?!ヒッチは繊細で気が弱くってマザコンで?だけどセンスと妻のサポートで最強?だったのかも?!
極秘裏に撮影が終わったサイコはデモでは最悪だったけど、そこから編集をして最高の作品へ…あのバスルームでのシーンでの音楽は聴いた瞬間に鳥肌が!実はしっかり見てない作品だけどこの音楽は知ってるし何故かシーンまで蘇るんですね~そういう意味ではヒッチ・コックって凄い偉大!だけど作品は子供の頃。テレビのロードショーでみた”鳥”くらいなんですよね?!見たのが…すぐさま宅配レンタルのリストに追加しました。

妻も共著の脚本家の本性を知り、呆然としてた所にヒッチが妻の存在を認め、まぁ元のさやかな?二人は二人で最高傑作を作り出す。事実なのか?は解りませんがヒッチの作品には妻が不可欠だったのかも?共に苦労し共に成功を得て素晴しいパートナーだったと言う事でしょうか?!

主演女優を演じたスカーレット・ヨハンソンがやっぱり美しくって色っぽくってその時代の感じのメイクも似合ってました。もちろん、本作の主演の二人も素晴らしい演技でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード