2015_01
14
(Wed)22:23

やさしい本泥棒

Book Thief [DVD] [Import]Book Thief [DVD] [Import]
()
20th Century Fox

商品詳細を見る


ジャンル ドラマ
原題:THE BOOK THIEF
製作年: 2013年
公開情報 劇場未公開
製作国 アメリカ/ドイツ
収録時間:131分
監督: ブライアン・パーシヴァル
原作: マークース・ズーサック
『本泥棒』(早川書房刊)
出演:ジェフリー・ラッシュ、エミリー・ワトソン、ソフィー・ネリッセ、ベン・シュネッツァー、ニコ・リアシュ


ナチス政権下のドイツを舞台に、風変わりな里親のもとで本の魅力に目覚めていく少女リーゼルの過酷にして数奇な運命を描く。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

劇場未公開、オンデマンドでタイトルだけで見始めました。
うん…ほんわかした話だと勝手に勘違い、ナチス冷戦下のドイツの話しでした。
邦題の”やさいい”が勘違いを招いてしまった…そして微妙に違う!って思ったのは何故か英語だったことかなぁ?!製作がアメリカなら仕方ないのですが???
列車で移動する母と息子と娘のリーゼル…気が付いたら息子が亡くなってる。娘だけがドイツ人家族の養子となる。里親の母親の方は息子が居ない事が不満、補助金が減るから…だけど父親は娘を歓迎し優しく接し文字も興味を持つように教える。きっかけは音音の遺品である本だった。
ク近づの少ないリーゼルに近所の男の子が絡む、そして幼い二人に友情が生まれ、リーゼルは町や里親に馴染んでいく。だけどナチの支配が強固になる街の風景が少しずつ変化していく。そんな時にリーゼルの家へユダヤ人の青年が逃げ込んでくる。青年の一家に恩のある里親は彼を匿う。リーゼルには口止めをして。そして彼女は青年に興味津々…二人は仲良しに。そんな時ナチは有害だとして本を燃やすパフォーマンスを…彼女は炎の中から1冊の本を救い出すが、それを町長夫人に見られてた?だけど夫人は義母のお使いでくるリーゼルに亡き息子の本を読ませてくれる。彼女は片っ端から読み漁るけど…町長に見つかってしまう。そんな時、青年は様態が悪くなり彼女は手元に残ってる1冊の本を朗読する。読み終わると…彼女は町長の邸宅で本を盗み、読み聞かせ、そして返して、また違う本を黙って持ち出してしまう。そして青年は元気になり迷惑を掛けると家を出てしまう。また義父にも召集令状が…幼馴染の男の子にもエリートコースの訓練校への誘いが…

少女の半生を描いてます。幸せと不幸が隣り合わせの戦時下、それが過ぎると彼女は本に囲まれた人生を全うします。どんな時でも物語を紡ぎだし、物語を読む事で小さな幸せが生まれるのかも?!
そして物語を紡ぐのは…死神だったんでしょうか?不思議なナレーションでした。


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック