【映画パンフレット】 ホビット 決戦のゆくえ The Hobbit: The Battle of the Five Armies 監督 ピーター・ジャクソン【映画パンフレット】 ホビット 決戦のゆくえ The Hobbit: The Battle of the Five Armies 監督 ピーター・ジャクソン
()
松竹

商品詳細を見る



ジャンル: ファンタジー
原題: THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES
製作年 :2014年
初公開年月 :2014/12/13
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間 :145分
監督: ピーター・ジャクソン
原作: J・R・R・トールキン
出演: イアン・マッケラン マーティン・フリーマン リチャード・アーミティッジ エヴァンジェリン・リリー リー・ペイス ルーク・エヴァンス ベネディクト・カンバーバッチ ケン・ストット ジェームズ・ネスビット ケイト・ブランシェット イアン・ホルム クリストファー・リー ヒューゴ・ウィーヴィング オーランド・ブルーム


魔法使いのガンダルフ、ホビット族のビルボとともに過酷な旅を続けてきたトーリン率いる勇敢なドワーフ一行。やがてエルフ族や“湖の町”の住人の協力で、ついに恐るべき竜スマウグに奪われた王国と財宝の奪還に成功する。しかしエルフと湖の町の人々が協力への当然の見返りとして財宝の分配を要求すると、トーリンはこれを頑なに拒否してしまう。三者の対立が激しくなる中、衝突を回避しようと行動に出るビルボだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

12 ホビット 決戦のゆくえ

終ってしまった…長い長い旅。そしてまた最初からロード・オブ・ザ・リングを見たくなりました。
前回、ここで終るか!みたいなところでスパッと終わった、その瞬間からスタートです。
今作は決戦の・・・のサブタイトル?通り戦いのシーンが多いですが、金に目が眩んでしまった王を信じ、付いて行くドワーフ達だけど、間違ってると思う事には王と言えど意見を真っ直ぐ言う彼らの忠誠心。ビルボの穏やかで人々を思う気持ち、エルフの王が途中で引くのも一族を思えばこそ…それにしてもエルフの兵士の身のこなし差の美しさ。もう本当にファンタジーの世界を再現してて夢物語のように見入ってしまう。
ドワーフ、エルフ、人間が対立するのも金…だけどそれ以上に大事なものがあると訴えてます。
本当の敵が来たとき、皆力を合わせられるのだと、だけどそれぞれの思いもある。
ラストはとにかく平和なホビット症の様子が良かったです。
本当に平和だと言う事は素晴らしいです。

終ってしまった…なんだか凄く寂しい~

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie映画館

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL