夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

MONSTERZ モンスターズ

MONSTERZ モンスターズ [Blu-ray]MONSTERZ モンスターズ [Blu-ray]
(2014/11/05)
藤原竜也、山田孝之 他

商品詳細を見る



ジャンル: サスペンス
製作年 :2014年
初公開年月: 2014/05/30
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間 :111分
監督: 中田秀夫
出演:藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、川尻達也、森下能幸、松重豊、木村多


ひと目見るだけで誰でも思い通りに操ることが出来るその男は、その超能力ゆえに哀しい過去を持ち、必要なとき以外は力を使わずに孤独に生きていた。そんなある日、男がいつものように力を使った時、一人だけ自由に動く男がいた。彼の名は田中終一。なぜだか分からず、終一を消し去ろうとする男。終一も男の悪意に気づき、たった一人で迎え撃つ。終一にもまた、特別な能力が秘められていたのだったが…。

禁断のバトル、勃発。

生き残るのは、
人間を操れる男か
それとも唯一、操れない男か


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

韓国製作の「超能力者」のリメイクです。設定が日本なので多少は変えてますが、ちゃんとなぞってます。ラストは大きく違いますが…まぁ好みなのか?

冒頭はほぼおなじ、雨の中足を怪我し目を包帯で隠した少年を母親が逃げてる。落ち着いた場所で父親が登場、だけど父は子供の事を化け物と言い、捨てて二人でやり直そうなんて言ってます。少年は包帯を取り、父を操り死に追いやる…それを見た母はもうダメだと少年を手に掛けようとするけど…母と決別した少年は20年、ひっそりと生きてきた。お金は人のを頂いて優雅なホテル暮らし。
とにかく目立たずに過ごしてきたであろう彼は時たま人を動かし小さな悪戯をしてた。だけど悪戯の途中、視野に入ってるにも関わらず普通に動いてる終一を見つけてしまう。
彼は少し恐怖を感じるんですね。終一を観察する彼の目の前でなんと終一は車に轢かれる!死を確認した彼だけど心がザワツク。一方、終一は驚異的な速さで回復しちゃうんです。全治半年が3日で退院。終一を轢いた人の所へ行き縁が出来る。全職を事故で解雇になった終一はそこで働き始める。そして、また偶然彼は目撃するんです。自分の思い通りにならない彼は終一の働く場所へ…そして店主は死に、終一は追い詰められるのだけど捕まえる事に成功し警察へ…だけど警察から逃げ出す彼と終一は運命の対峙をする事に…

終一自身も自分の力に気が付いてて、だからこそ人々を助けれなかった、特に幼い頃に弟を助けれなかった事に負い目みたいなのを感じてますね。
力を持つ彼は幼い頃から親に化け物扱い、自分の存在意義を見いだせないけど生きる事を選んでるんですね。二人は出会うべきでは無かったのかも知れないけど出会ったのは必然なのかも知れません。
彼は力を使いすぎると自らの体にダメージが出る、一方、不死身の体を持つ終一、二人は表裏のようです。子供の頃に無邪気に?力を使ったのか?彼は片足を失い、終一との対峙で片手を失いそうに…ラストは内臓にきたように思えますが…

義足の伏線も消化されてたので、微妙にスッキリ。ラストはオリジナルに比べ優しいですね。終一は彼を認め、そして彼は初めて認められ友情?なんかを感じてるのか?終一の行くへを聞いて微笑む彼…唯一の友?同士の存在はラストの状態の彼には救いなのかも知れません…

設定が日本に適応してるので見やすかったです。少し暗めでどちらかと言うとマイナス思考な作品ですが、殆ど見ない韓国作品のオリジナルよりは見やすかったです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー