夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

フューリー

フューリー(ブラッド・ピット主演) [Blu-ray]フューリー(ブラッド・ピット主演) [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る


ジャンル: 戦争
原題: FURY
製作年 :2014年
初公開年月: 2014/11/28
製作国: アメリカ
配給 :KADOKAWA
上映時間: 135分
監督: デヴィッド・エアー
出演: ブラッド・ピット シャイア・ラブーフ ローガン・ラーマン マイケル・ペーニャ ジョン・バーンサル ジェイソン・アイザックス スコット・イーストウッド ジム・パラック ブラッド・ウィリアム・ヘンケ ケヴィン・ヴァンス ゼイヴィア・サミュエル アナマリア・マリンカ アリシア・フォン・リットベルク


1945年4月。ドイツ軍が文字通りの総力戦で最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線。戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。そんな中、勇敢な3人の部下とともにシャーマン戦車“フューリー号”を駆る歴戦の猛者ウォーダディーのもとに、戦闘経験ゼロの新兵ノーマンが配属されてくる。ろくに訓練も受けていないノーマンは、戦場の極限状況にただただ圧倒されるばかり。ウォーダディーはひよっこノーマンを手荒く叱咤しながら、フューリーで敵陣深くへと進軍していく。やがてそんな彼らの前に、ドイツ軍が誇る世界最強のティーガー戦車がたちはだかる。

1945年4月――
たった5人で、300人の
ドイツ軍に挑んだ男たち。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

11 フューリー

リアルな戦争映画で反戦を訴えてる?平和が希望だけど歴史は残忍…まさにそんな感じなのかも?!
フューリーと名付けられた戦車で指揮する軍曹ドンはSSを凄く憎んでるけど、憎むことによって戦争での残虐行為を許してる?正当化してる?のかなぁ?冷静で勝ち進んできたドンを仲間は信頼し付いて行く。ドンと言う男は意外と教養があり、信仰心もしっかりあるのかも?馬を愛し、ドイツ語を喋り、女性には礼儀正しい?それがドイツ人であっても・・・そして被害にあうドイツ人に対しても優しい?SSだから憎むのが彼の心情みたいでした。

戦車には5名、先の戦いで1名戦死。補助で来たのは訓練もおろそかな若い兵士ノーマンが配属。ドンはきつく当たるも優しい面を見せ戦争の悲惨さとやるべきことを教える。

戦争映画はリアルであるほど息苦しいですね。
最後の戦いは壮絶でした。戦争に意味なんて全くないって本当に思わせてくれました。


年配の男性が多く鑑賞してましたが、どう言う思いで見に来るんだろう?なんて事が気になりました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー