2014_11
29
(Sat)14:58

すべては君に逢えたから

すべては君に逢えたから(初回限定生産) [Blu-ray]すべては君に逢えたから(初回限定生産) [Blu-ray]
(2014/05/02)
玉木宏、高梨臨 他

商品詳細を見る



ジャンル: ロマンス
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/11/22
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間 :107分
監督: 本木克英
出演: 玉木宏 高梨臨 木村文乃 東出昌大 本田翼 市川実和子 甲斐恵美利 時任三郎 大塚寧々 山崎竜太郎 倍賞千恵子 小林稔侍


近づいてくる女性はみな金目当てだと決めつける会社社長の黒山和樹。行きつけのレストランとバーで立て続けに顔を合わせた“お一人様”の佐々木玲子もそうに違いないと失礼な態度を取ってしまうが…「イヴの恋人」。山口雪奈は仙台に転勤になった津村拓実と遠距離恋愛中。ある日、せっかくの東京出張にもかかわらず、先輩と朝まで飲み明かしてそのまま帰ろうとする拓実を追って東京駅まで走る雪奈だったが…「遠距離恋愛」。突然、不治の病で余命3ヵ月と宣告された宮崎正行。妻の沙織に支えられ、息子との残り少ない時間を大切に使おうと必死になるが…「二分の一成人式」。このほか「クリスマスの勇気」「クリスマスプレゼント」「遅れてきたプレゼント」を含む、クリスマスの東京で繰り広げられる6つの愛の物語が互いに交錯しながら、切なくもハートウォーミングに紡がれていく。

その日、あなたにもひとつの奇跡が舞い降りる。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
クリスマスの日に向けての群像劇。よく或るパターンだけどラストに何となく皆がハッピーになれる感じが素敵だと思います。

多くの人が行き交う東京駅、ほぼ同じ時間に擦れ違うのに接点を持たない人々、そんな中で携帯電話で喋りながらバイト先に向かう学生。大好きな先輩が彼女と別れた、電話の向こうの友人は告白するよう言うけど、とっても実行なんて出来そうにないとしり込み。ましてやイブに休めるバイトじゃ無い。辿り着いたバイト先は小さなケーキ屋さん。主は女性で何十年前に大恋愛の後、大失恋してケーキと出会ったらしい。

ブライダルファッションのデザイナーの卵?の仕事をする女性は仙台に居てる彼と遠距離恋愛。だけど微妙に上手く言ってない?

WEBデザインの会社を経営する若き社長はワンマン、秘書にビデオのレンタルまでまかせてしまうような奴。食事に行った先で一人食事をしてる女性と出会う。その後のバーでも出会い社長は金目当ての女とさげすむけど、彼女に一芝居うたれてしまうが、それを信じ、また出会った店で声を掛ける…

彼女は小さな劇団に所属する女優、だけど鳴かず飛ばず、見切りをつけ施設での芝居を最後に郷里に帰えろうとしてる。最後の芝居は養護施設、そこに暮す少女は母親が迎えに来ると信じてる。そんな彼女を見守るスタッフは子供たちが日々幸せに暮らせるように願う…

運転席から降りてくる男性は今日で仕事が最後?リストラ?なのかと思ったけど…それは家族のため息子のためにとった行動だった。

それぞれの物語がそれほど交差せず、だけど違和感もなく物語が流れます。

遠距離恋愛の女性がどうも合わなかった…こう言う女性って同性でもウザいって思っちゃうんだけど…
WEBデザインの社長と女優の出会いは偶然じゃ無かった!ってサプライズが良かった。
家族のために仕事を辞めた男性の話は少し切なかった…養護施設での少女の話しも…
ケーキ屋の主に届いたずいぶん遅れたプレゼント、それに勇気をもらったアルバイトの学生の勇気で(結果は解らず)ラストを迎えます。

ちょっと早いけどクリスマスは素敵な日にしたいですね。


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック