夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

美女と野獣 2014-11-13-Thu

美女と野獣 (竹書房文庫)美女と野獣 (竹書房文庫)
(2014/10/16)
クリストフ・ガンズサンドラ・ヴォ=アン、サンドラ・ヴォ=アン 他

商品詳細を見る

ジャンル: ファンタジー
原題: LA BELLE ET LA BETE
製作年: 2014年
初公開年月: 2014/11/01
製作国 :フランス=ドイツ
配給 :ギャガ(提供 アミューズソフトエンタテインメント=ギャガ)
上映時間: 113分
監督: クリストフ・ガンズ
出演: ヴァンサン・カッセル レア・セドゥ アンドレ・デュソリエ エドゥアルド・ノリエガ
ミリアム・シャルラン オドレイ・ラミー サラ・ジロドー ジョナサン・ドマルジェ ニコラ・ゴブ ルーカス・メリアーヴァ イボンヌ・カッターフェルト


都会で裕福な暮らしをしていた商人一家が、貿易船を大嵐で失い、破産してしまう。一家が田舎に移り住むと、贅沢に慣れきった3人の兄と2人の姉が不満を募らせる。一方、末娘のベルだけは、家族で一緒にいられることに幸せを感じていた。そんなある日、森で吹雪に見舞われた父は、偶然見つけた古城に逃げ込み九死に一生を得る。いくら探しても主人の姿は見えず、父は帰り際に庭で美しいバラを目にして、思わずベルの土産にと一輪手折る。その瞬間、世にも恐ろしい野獣が姿を現わし、バラの代償に商人の命を要求する。1日だけ猶予を与えられ帰宅した父から事情を聞いたベルは、自ら身代わりを買って出て野獣の城へと駆けつける。しかし、死を覚悟するベルに対し、野獣が求めたのは、ディナーを共にすることだけだった…。

野獣の秘密、ベルのあやまち。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

11 美女と野獣

普通におとぎ話でした。見てて絵本を読んでるようで、構成も母親が子供たちに読み聞かせてるので余計ですね。絵本から飛び出るリアルな映像。よく出来てます。

母を早くに亡くしたベルだけど3人の兄と二人の姉、そして父親と裕福に暮らしてたけど、父が船を嵐で失い破産。田舎に移る家族は不満だけどベルだけは田舎暮らしが満足。
だけど船が港に到着、荷物も無事で家族は都会へ帰れると喜ぶけど…ベルはここの暮らしが気に入ってる。父と長男が港に行くが結局は金貸しに抑えられ何一つ手元に戻ってこない…失意の父は家族の待つ家に帰ろうとするけど吹雪で道を遮られる。気が付いて見つけた明りに向かうと立派な城で入り口は開いてた。中は廃墟のようだけど、気が付けば暖かい食事、そして姉娘たちが欲しがってた物が用意されており持ち帰る。だけどベルの希望の薔薇が無いので庭先に咲く薔薇を手折った瞬間、魔物が現れる。父はいったん帰るけど、戻らなければいけないと言う。責任を感じたベルが父の変わりに城へ向かう。直ぐに殺されるかと思ってたけど、歓待され領地内での自由を与えられる…
ベルは、夢で城に起こった過去を知る。
優遇されてるベルだけど家族に会いたくって野獣と取引、だけど城に財宝がある事を知った兄たちが起こした行動は…そしてベルの思いは…

最後はお城で皆が幸せに…とは少しずれてましたがハッピーエンドではあります。

ただね…野獣は人間に戻れてハッピーだろうけど、家臣たちは?って思うとなんだか切なくなったりして(笑)
ヴァンサン・カッセを久々にスクリーンで見たわ~まぁ野獣だけど…魔法が解けてもあまり変わらん買ったりして?!

最近、おとぎ話を少しアレンジして描いてる事が多い気がしますが、正統派な感じの作品でした。

CATEGORY映画館 Trackback 1 Comment 0 △Page Top

« トワイライト ささらさや | ホーム | ポリス・ストーリー/レジェンド »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

美女と野獣/王子様というよりおじさまMOVIE BOYS 2014-11-13-Thu 21:37

ディズニーアニメで世界的に著名な「美女と野獣」の実写映画。野獣役を『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、美女ベル役をパルム・ドール女優のレア・セドゥが演じた。ほかにも『アメリ』のアンドレ・デュソリエ、イボンヌ・カッターフェルトらが出演している。監督はフランスのクリストフ・ガンズ。  [続きを読む]

| ホーム |