ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 [DVD]ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路 [DVD]
(2011/10/05)
マリー・フェレ、マルク・バルベ 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
原題 :NANNERL, LA SOEUR DE MOZART
製作年 :2010年
初公開年月 :2011/04/09
製作国 :フランス
配給 :アルバトロス・フィルム
上映時間: 120分
監督:ルネ・フェレ
出演:マリー・フェレ、ダヴィド・モロー[ヴァイオリニスト]、リサ・フェレ、クロヴィス・フーアン、デルフィーヌ・シュイヨー、サロメ・ステヴナン、ニコラス・ジロー、アルチュール・トス、マルク・バルベ、、ダヴィッド・モロー


18世紀中頃、レオポルド・モーツァルトは息子ヴォルフガングを売り出すべく、ヨーロッパ各地を巡る演奏旅行に繰り出す。その旅に同行した3つ上の姉ナンネルも、幼い頃から父の薫陶を受け、音楽の才能を花開かせていた。ところが、父は弟ヴォルフガングを溺愛する一方、ナンネルに対してはその才能を決して認めようとはせず、ヴァイオリンに触ることさえ禁じてしまう。

等しく才能に恵まれながらも、
時代の波に押し流された女性ナンネル。
その秘められた音楽への情熱と儚い恋の物語。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
地味な作品だけど、時代が変わってれば天才と言われたアマデウスの弟よりもスポットが当たってたかも知れませんね。
ただ悲しい事に才能があっても女と言うだけで表に出れず、学びたいことも学べない…

弟のアマデウスは父の教育と生まれ持った才能で神童と呼ばれてた。あちらこちらから演奏会の誘いがあり家族は演奏の旅へ。同行する両親と姉のナンネル。彼女も幼い頃からの父の教育があり才能があった・・・ただ時代は女性が演奏、ましてや作曲などするような事を認めておらず、父でさえヴァイオリンを触ることすら許さなかった。父の願いはアマデウスの才能を伸ばす事だけ…だけど、家族として父としてはナンネルに愛してましたよ。

旅の途中で馬車が壊れ立ち寄った修道院でフランス国王の娘と出会う。あ…不義の子ですが(*_*)ナンネルと年齢も近く直ぐに打ち解ける。そして城で演奏する予定のナンネルに初恋の相手に手紙を渡してほしいと頼む。この手紙がきっかけでナンネルは皇太子と出会う事に…最初は男の振りをして出会うのだけど、嘘を突き通せず本当のことを言うナンネルを受け入れる皇太子、二人は幼い恋をする。皇太子に頼まれ作曲を試みるが思うようにいかず父に指導を請うが叶わず、父が弟への協議を立ち聞きし曲を仕上げ、皇太子に気に入られる事に…
だけど旅は続く…パリを離れるがナンネルは自立する事を希望しパリに戻る。だけど、皇太子には正式な妃が!そして皇太子には父、国王のようにはなりたくないと言う信念のもと、ナンネルを手ひどく振られる事になり、家族の元へ戻りそして一生、作曲する事は無かった・・・
その後も苦労してますが、弟のバックアップをして70代まで生きたそうです。
才能のある女性にはかなりひどい時代だったのだと実感しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード