実験室 KR-13

実験室KR-13 [DVD]実験室KR-13 [DVD]
(2010/01/29)
クロエ・セヴィニー、ティモシー・ハットン 他

商品詳細を見る


ジャンル: サスペンス
原題: THE KILLING ROOM
製作年: 2008年
初公開年月: 2009/11/14
製作国 :アメリカ
配給: 角川映画=アンプラグド
上映時間 :94分
監督: ジョナサン・リーベスマン
出演:ニック・キャノン、クレア・デュヴァル、ティモシー・ハットン、クロエ・セヴィニー、ピーター・ストーメア


ケリー、トニー、クロフォード、ポールの4人は、詳しい内容を知らぬまま、ある心理実験の被験者となってしまう。小さな部屋の中で博士から簡単な説明を受ける4人。やがて説明を終えた博士は、おもむろに拳銃を取り出すと、その中の1人を射殺し、部屋をあとにする。逃げ場のない実験室の中でパニックに陥る3人に、新たな問題が示される。そして、正解からもっとも遠い1人が次の犠牲者となることが明らかとなるが…。

それは殺人よりも恐ろしい実験だった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
過去に廃止となった精神的な実験。
何故か現代、集められた男女4名、長い問診票を書きつつも、何の実験か解らない模様。
そして搭乗した博士、簡単に説明を始めるけど、説明を終えた瞬間に実験者の一人を撃つ殺す?
そして3名に与えられた質問と1弾頭の入った拳銃一つ。
残った3名の一人は取り乱し恐怖し拳銃を手にする。残りの2名はある程度冷静で協力的。生き残るのは1名…それを見守るのは博士と新人の元軍人の女性。彼女は理不尽な実験に猜疑心を持つのだけど…これってひょっとして彼女へのテスト?なんて思ってましたが違ってました。
実験の目的はテロリストを作ること?3名のうち生き残っても…次の実験に進むだけ?そうやっていくうちに洗脳されるのか?
女性の対応、そして生き残るのは?3人の心理戦や、博士の課題にハラハラして見てますが…何かの一部しか描いてないようでイマイチ、見終わった後もスッキリしません(-_-;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード