2014_09
16
(Tue)14:54

愛に関する短いフィルム

愛に関する短いフィルム [DVD]愛に関する短いフィルム [DVD]
(2005/12/22)
グラジナ・シャポウォフスカ

商品詳細を見る


ジャンル: ロマンス
原題: A Short Film about Love
製作年: 1988年
初公開年月: 1991/10/05
製作国: ポーランド
配給: KUZUIエンタープライズ
上映時間: 87分
監督: クシシュトフ・キエシロフスキー
出演:グラジナ・シャポロフスカ、オルフ・ルバシェンク、ステファニア・イバンスカ、グラジナ シャポウォフスカ、オラフ・ルバシェンコ、ステファニア・イヴィンスカ


郵便局で働く19才の少年トメクはマグダという女性に密かに恋焦がれていた。そして彼は毎夜8時半になると、アパートに帰ってきた彼女を向かいの自分の部屋から望遠鏡で覗き続けるのだった……。

「あれは久しぶりに聞く言葉だったわ」 「--愛してる」 「愛なんかないわ」 「ある」 「愛なんか……」

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
古い作品なんだけど評判が良かったのでレンタル。
始めは熟女をストーカーする青年って感じで少し気持ち悪かったりもしました。
だけど彼の思いは凄く純粋で…なんですよね。

部屋の窓から見える向かいのマンション。そこに住む熟女の様子を望遠鏡で覗き見るトメク。彼には両親が存在せず、友人の実家で間借りしてる様子。友人の母は仕事で世界を飛び回る息子が帰ってこず寂しさをトメクで埋めてた?トメクも両親の愛情を知らず施設で暮らし孤独だった…
そして熟女も…次々と男を変え振られては悲しみ失意する…常に恋人は居てるけど孤独感を感じてた。
トメクは郵便局で務めているが仕事を悪用し嘘で熟女を呼び出してた…それがバレ、彼は素直に誤る。そして覗いてる事も知りわざと挑発し、更に熟女は何故か赦しデートに誘う。そして部屋に招く…トメクに本当の愛とは…と教えるつもりがトメクは余りにも純粋で自分自身が許せず自殺を試みる。罪悪感を感じた女は、今度は逆にトメクの部屋を覗く日々。そして病院から戻ったトメクを訪ねるが、その部屋から自分の部屋を見て孤独感に気が付き…

孤独な人間が3人、なんだか切なく、見終わったら少し寂しさを感じました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック