2014_09
09
(Tue)22:03

ルームメイトを見て…

アイデンティティー [Blu-ray]アイデンティティー [Blu-ray]
(2010/08/25)
ジョン・キューザック、レイ・リオッタ 他

商品詳細を見る


邦画「ルームメイト」を見て多重人格を扱う作品を見たくなった。
気に入ってる作品はジョン・キューザック主演の「アイデンティティー」DVD持ってます。

激しい雨が降り注ぐ中、人々はあるモーテルに集まる。
家族、カップル、刑事と犯人、運転手と女優、モーテルの従業員に故郷に戻る途中の女性。
彼らは必然によって集められる。
それは一人の人間の中に居てる人格たち。犯罪を犯し捕まり精神分析で人格の統合を試みる
医師によって集められた人格たちは…ひとりずつ消えていく。
医師が願う人格は穏やかな平和主義者…だけど最終的に残ったは?

詳しい(ネタバレ)感想はここ

この作品、大好きで何度も見てます。
ラストも「毒」が満載です。

ルームメイトも…マリが見事にエリに移ってたら恐怖だけど面白かったかも?なんて思います。
負の連鎖を切る、そして少しの希望、日本人らしいラストだなぁ~って実感。

他に「迷宮の女」も好きです。

にほんブログ村 映画ブログへ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック