トランスフォーマー/ロストエイジ

ポスター A4 パターンU トランスフォーマー ロストエイジ 光沢プリントポスター A4 パターンU トランスフォーマー ロストエイジ 光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る


ジャンル: アクション
原題: TRANSFORMERS: AGE OF EXTINCTION
製作年 :2014年
初公開年月: 2014/08/08
製作国 :アメリカ
配給: パラマウント・ピクチャーズ
上映時間: 165分
監督: マイケル・ベイ
出演: マーク・ウォールバーグ ニコラ・ペルツ スタンリー・トゥッチ ジャック・レイナー
リー・ビンビン タイタス・ウェリヴァー ソフィア・マイルズ T・J・ミラー ジェームズ・バックマン トーマス・レノン チャールズ・パーネル エリカ・フォン マイク・コリンズ
声の出演: ピーター・カレン フランク・ウェルカー ジョン・グッドマン 渡辺謙 ロバート・フォックスワース ジョン・ディマジオ マーク・ライアン レノ・ウィルソン


地球征服を目論むディセプティコンから人類を守った正義の軍団オートボット。しかし時代の流れと共に、政府からの迫害は激しさを増していた。テキサスの片田舎で年頃の娘テッサを育てながら廃品業を営むシングルファーザーのケイド。ある日、偶然手に入れた中古トラックがオプティマスだと気づく。しかしそこに、オプティマスを回収しようとする謎の組織KSIが現われる。窮地に陥ったケイドとテッサだったが、目覚めたオプティマスとテッサの恋人シェーンの活躍で危うく難を逃れる。ジョシュア・ジョイス率いるKSIは人工トランスフォーマーの開発に成功し、邪魔になったオートボットの排除に乗り出していたのだった。そんな中、全滅したはずのディセプティコンの生き残りが地球に襲来、新たな戦いの渦に巻き込まれていくオプティマスとケイド親子だったが…。

共に戦うか、滅びるか。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
08 トランスフォーマー ロストエイジ

相変らずの上映時間の長さ…だけど見てる間は感じない、なんだか忙しかった感じがします。
4作目、登場人物も一新、この手が使えるのは永久的に続編ができるんでしょうね(-_-;)
オプティマスの状況は非常に悪い。それもCIAのコントロールによって?なのか。
CIA直属だけど民間と言うか裏って感じですが…一人の男が自分の都合よく操作したかった感じでしょうか?その男に操られてるのが民間企業なんんですが、ここのCEOは意外と純粋で茶目っ気たっぷりで、彼だけじゃ無く研究者や中国人の秘書?なんかも良い感じで…最初は敵対してるんだけど、結果は良い感じで和解と言うのか?結局は悪い人じゃ無かったのね~な感じ。
オプティマスの関わるのは父子家庭、娘はしっかり者で父親は科学者?だけどまともな発明品は無く廃材を集めて売ったり、修理したり。偶然に見つけたトラックも解体して売る予定だったけど、実はオプティマスだった~だけど見つかっちゃってトラブルに巻き込まれるのは父娘とレーサーで娘の彼。

エイリアンとの戦いで街を破壊する事になったトランスフォーマ、政府は彼らをパートナーでは無く排除の対象に…だけど、オーロボットを破壊しある金属を手に入れるための行為。そこにはオプティマスの宿敵の計画はアホな人間を離床して蘇ること、そして今回初めて絡むトランスフォーマーの創設者の命を受けた者など入り乱れ。
創設者の正体は解りませんが…オートボットを指揮するオプティマスを排除するために現れる。
自分で作って壊すってどうなんでしょうね?

娯楽作品満載でスピード感も早く話しの展開も早くって見てて忙しい。あっという間に時間は経過します。長いのは見応えもあるけど少しダレる…もう少し短くても良かったかも?!

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

面白そうですね、見る価値ありそうですね。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード