2014_07
30
(Wed)16:42

セクレタリアト/奇跡のサラブレッド

セクレタリアト/奇跡のサラブレッド [Blu-ray]セクレタリアト/奇跡のサラブレッド [Blu-ray]
(2012/06/20)
ダイアン・レイン、ジョン・マルコヴィッチ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作国: アメリカ
製作年: 2010年
公開情報: 劇場未公開
上映時間: 123分
監督: ランドール・ウォレス
原作: ウィリアム・ナック
出演:ダイアン・レイン、ジョン・マルコビッチ、ディラン・ウォルシュ、ジェームズ・クロムウェル、ケビン・コナリー、スコット・グレン、ディラン・ベイカー、ネルサン・エリス、オットー・ソーワース


1969年、アメリカ・バージニア州。競走馬の生産牧場“メドウ・ステーブル”のオーナー、クリスが病に倒れたことがきっかけで、息子たちは牧場を売却しようと考えていた。しかし、既に結婚し専業主婦となっていた娘・ペニーはこれに反対し、父から経営権を譲り受け、牧場の経営に乗り出す。男性社会であった競馬界で、牧場経営を一から必死で学ぶペニー。調教師のルシアンとの出会いを通じ、徐々に牧場の経営を立て直し始める。そんな中、生まれた1頭の仔馬が、セクレタリアトであった。この仔馬は後に“アメリカ競馬史上最強馬”とも称される名馬に成長し、ペニーや牧場の人々の夢を乗せて疾走することになるのだった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
セクレタリアトと言う競走馬は知りませんでしたが、かなり有名な馬だったんですね。

専業主婦で4人の子供も恵まれたペニーの元に母の訃報が…慌てて実家に戻るペニー。
実家は競走馬の牧場、父は少し認知症で経営続行は無理、兄は売却を考えるが馬が大好きなペニーは反対し父から経営権を譲り受け牧場の運営に乗り出す。
丁度、種が付いた雌馬が2頭、種馬の持ち主と1頭ずつ分けるのだけど、彼女は血統の悪い方を希望し叶う。調教師を辞めさせ、引退した風変わりな調教師を口説き雇う。夫はイマイチ協力的じゃ無い、子供たちは当時のヒッピーなんかに憧れてしまったり…でも、無下にダメって言わないペニーが良いかなぁ~
そしえ仔馬のデビュー戦は不本意な結末…騎手がダメだとこれまた変わり者の騎手を選出し結果、2戦目は見事に1位。でも、独特な走りなんですよね。最初は遅くって最後には1位に…騎手の顔はいつも先行馬がけり上げるので泥だらけ。
調子よくいき始めた時に父の死、莫大な相続税に兄は払えないから馬を売れと言うけどペニーは繁殖の権利を売ってなんとかしようとする。だけどそれには3冠馬に成らなきゃいけないと言う厳しい条件があった。アメリカを横断し大きな三つのレース。徐々に家族も応援してくれ、そして最後のレースの馬の走りは…凄い持久力とスピードで本当に?って感じでした。
実話で本物のペニーもエキストラで参加、なんだか歴史の記録って感じの作品でした。
男社会に女が進出、ちょうど女性が元気なる年代でペニーがかっこ良かったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック