2014_07
12
(Sat)17:19

ダイバージェント

ダイバージェント  異端者 (海外文学)ダイバージェント 異端者 (海外文学)
(2013/09/27)
ベロニカ・ロス

商品詳細を見る

ジャンル: アクション
原題: DIVERGENT
製作年 :2014年
初公開年月: 2014/07/11
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
上映時間 :139分
監督: ニール・バーガー
原作: ベロニカ・ロス
『ダイバージェント 異端者』(角川書店刊)
出演: シェイリーン・ウッドリー テオ・ジェームズ ジェイ・コートニー レイ・スティーヴンソン ゾーイ・クラヴィッツ マイルズ・テラー トニー・ゴールドウィン マギー・Q ケイト・ウィンスレット



最終戦争から100年後の未来。人類は過去の経験から、国家、人種、宗教という概念を捨て、新たな社会体制を作り上げた。それは一生に一度の“選択の儀式”という性格診断テストにより人類を性格別に、勇気ある者の集団【勇敢】、正直者の集団【高潔】、優しい者の集団【平和】、他人を思いやる者の集団【無欲】、論理的で知識が豊富な者の集団【博学】という5つの共同体に分類する社会であった。【無欲】の家庭で育ったベアトリス(シャイリーン・ウッドリー)は、16歳になり診断の時を迎えるが、結果は5つのどれにも当てはまらない【異端者】と判定される。【異端者】は未知の特殊能力を持ち、人類を滅ぼす危険分子とされていた。ベアトリスは【異端者】であることを隠すため、結果を偽って【勇敢】へと加入する。名前もトリスと改名し、軍事・警察の機能を担う【勇敢】での激しい戦闘訓練に耐えながら彼女は肉体面、精神面での強さを徐々に身に付けていくのだった。だがその頃、政権担当の【無欲】に対する抵抗運動が勃発。同時に何者かによる【異端者】暗殺計画が動き始め、トリスの身に危険が迫りつつあった……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
07 ダイバージェント

続編がきっとあるんですよね?そうでないとかなりの説明不足?
最終戦争から100年、なんとか生き残った人々は同じ過ちを繰り返さないために5つの共同体に分類、それぞれに果たす役目すら分類してた。勇敢は治安を平和は農業を高潔は正直で平等を博学は知識を無欲は政治を司る。まぁ無欲が政治って良いと思うなぁ~だけど頭のい人達って…君臨したいかな?
今作は無欲の政権を博学が奪いたいと考え勇敢を利用して武力まで用いようとしてたんだけど…すでのその段階で秩序は崩れ分類に意味が無い気がしません?既に壊れてる秩序?に対して無欲は疑問に感じ、共同体そのものを失くそうとしてたけど博学は分類に固執して、しかも自分達がコントロールしたい?と…博学と言うよりも貪欲じゃないか?

そんな世界で無欲の共同体に生まれたベアトリス、子供たちは大人になる儀式として性格判断を受け、自分が一番適してる共同体を知る。適してるからと言って共同体に必ず入らなきゃダメって事は無く選択は出来ますが、1度きりです。その共同体に順応しなければ、社会からはみ出してしまいます。
多くの人はどこかに適した性格判断がくだされるけどベアトリスはどの共同体にも属さない異端者の判断が…審査した人は彼女をこっそり帰し、無欲の診断を書類に書いてくれたけど…
戸惑うベアトリス、翌日の決断の日、彼女は勇敢を選ぶ。親元から離れ勇敢の共同生活を始めるベアトリスは名を変えトリスと名乗ることに…共同体で生き残るための厳しい訓練の日々が始まる…

戦いの訓練は余り結果が出ないけど、なんだか嫌な教官に目を付けられたりもしてるけど、持ち前のガッツでクリア、精神的な訓練になった時、トリアは勇敢ではありえない判断を下してしまう事に、彼女を気にしてる教官に気づかれてしまう。異端者は殺害される危機があり、教官はトリアを勇敢らしい対処の方法を訓練してくれて何とか共同体の仲間として加わることに成功するのだけど、博学と勇敢が絡んだ陰謀に立ち向かう事になる。

キーワードが鏡と農場の先にある何か?かな?何作で完結の予定なんだろう・・・・

尺は長かったけど長さを感じなかった。続編あり木だとは思うけど一応一話完結してるのでモヤモヤ感も少なかったです。

C.O.M.M.E.N.T

映画

面白そうですね、
最終戦争ってあるのかな?
100年後どうなるかわからないですね、
見る価値ありそうですね。

2014/07/12 (Sat) 20:56 | 寝拓郎 #mQop/nM. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック