ぼくたちの家族

ぼくたちの家族 オリジナル・サウンドトラックぼくたちの家族 オリジナル・サウンドトラック
(2014/05/21)
渡邊崇

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
製作年: 2013年
初公開年月: 2014/05/24
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
上映時間: 117分
監督: 石井裕也
原作: 早見和真
『ぼくたちの家族』(幻冬舎文庫)
出演: 妻夫木聡 原田美枝子 池松壮亮 長塚京三 黒川芽以 ユースケ・サンタマリア 鶴見辰吾
板谷由夏 市川実日子


 郊外の一軒家に暮らす自営業の若菜克明とその妻で専業主婦の玲子には2人の息子がいた。大手電機メーカーに勤める長男の浩介は、結婚を機に家を離れて暮らしている。一方、大学生の次男・俊平は、都内でひとり暮らしをし、親のすねをかじりながらも家族とは一定の距離を置いて接していた。そんなある日、母に脳腫瘍が見つかり、医者からわずか1週間という余命宣告を受けてしまう。軽口を叩き平静を装う俊平に対し、父も浩介もどうしていいか分からずうろたえるばかり。おまけに、母のサラ金通いと父の事業失敗やローンで多額の借金を抱えていることも判明、一家がすでにニッチもサッチも行かないところまで追い込まれていたことに初めて気づく浩介だったが…。

ある日告げられたお母さんの余命。
その日から、ぼくたちは奇跡を信じて動き出した――。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

05 ぼくたちの家族


天然ぽい母、会社を経営してる父、嫁を貰い独立した長男、大学生で独立してるけど未だお小遣いをネダル次男。郊外だけど大きな家を構えてる一家は普通より恵まれてるかのよう。
後ろに座ってた年配女性が上映中に関わらずお隣の友人に大きな家ね~って言ってたし(笑)上映中はお静かに…

だけどさ~蓋を開けちゃうと意外と違ったりするのね。
長男の嫁が身ごもってお祝いに二家族が揃っての食事会。ボッ~とする母に声を掛けると急に明るい振る舞い、だけど嫁の名前を間違っちゃって…これは可笑しいと思った父は長男と共に翌日、母親を病院へ。疑ってたのはアルツハイマー?だけど脳に腫瘍があり、しかもかなりデカくってこの状態で言語障害とかが出てないのはおかしいくらいと言われ余命と言うかピークは1週間なんて宣言されちゃう。
動揺する父親、受け止められない長男…翌日から検査のために入院する母。男3人集まって今後の事を話し合うんだけど、意外とあっけらかんとしてる次男、それにイラついちゃうお兄ちゃん。そして上手く受け止めてない父親…男ばっかりだと大変です。
そして家のローンも含めた借金。自営の父親は頼りなく、長男に頼ってしまう始末。だけど嫁は受け入れられず…そんな時に母の言葉を思い出す長男。こんなときは笑おうよ…過去に引きこもりになった長男を心配する次男、男同士って素直に一致団結なんて出来ないんでしょうか?
だけど長男は色んな問題を吹っ切ってまず母を助けようと動き出す。今の病院では処置する事が無く追い出されそうになってたので、紹介状を書いてもらい、母を助けてくれそうな病院を探し始める。何軒も回った先で脳腫瘍では無く悪性リンパ種かも?なら治療の余地があると言われ受け入れ先を見つける。そう言えば…他の部位に癌の転移が無いって言ってたなぁ~でも・・・医師によってこんなに変わっちゃうのか?なんて思うけど、すべての医師が同じ知識だとは限らないし当然なんですよね。

ラストは家族が家族になり嫁もその仲間に入り…まぁこれから大変な事もあるだろうけど、家族で乗り切れる!みたいな感じで終ります。これでもか!って押しつけじゃ無い感動が良かったすね。
まぁ借金があれば無理だろうけど先進医療とかも駄目だけど…保険の範囲での治療ならそんなにお金には困りませんよ~なので家族が団結して病気に向き合わなきゃね。そういう意味では日本の保険制度は本当にありがたい限りだと最近、高齢になった両親の事を見てて思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

思うことはいろいろ・・・

この年になると他人事やないって、ひしひしと
感じる映画やったね。
医療保険制度は、社会保険なら休職保障も
あるけど、国保は全くないのよね。
高額医療の申請しても、さいてい8万円?はいるでしょ?
派遣やバイトで生活してて、国保だと病気もでけへんよ。
まして、少ない年金からどう捻出するか・・・

平日の朝一番に行ったけど、隣の熟年夫婦、マナーモードで電話は鳴るわ、ぼそぼそ会話するわ。
終わったら、一言注意するぞって思ってたのに、
エンドクレジットが始まったら、すご出て行った。
暗い中、足元がおぼつかないのに。

せっかくの良い映画が台無しやね。

Re: 思うことはいろいろ・・・

小太郎さまへ

コメントありがとうございます。
国保ってカバー出来てない事も多いんですね?!
社会保険を基準でしか見てなかったです。両親は高齢なので最高額が4万だし
年収によってはわずかな額だけど病院の食費なんかも補助されますが申請が必要で
知らない人は恩恵を受けれない制度って意味あるのかしら?
アメリカとかに比べればずいぶんマシなのかも知れないけどね。

平日って、しかも午前中って年配の方が多いと最近、実感!
確かに彼らは自由ですね。特にテレビを見てる時のような会話が耳触り~です。
映画はよい作品でも環境によってお金を損した気分になります。
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード