2014_03
22
(Sat)22:37

アナと雪の女王

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラックアナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック
(2014/03/12)
V.A.

商品詳細を見る


ジャンル: ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル
原題: FROZEN
製作年: 2013年
初公開年月: 2014/03/14
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間 :102分
監督: クリス・バック
原案: アンデルセン
『雪の女王』
声の出演: クリステン・ベル イディナ・メンゼル ジョナサン・グロフ ジョシュ・ギャッド
サンティノ・フォンタナ アラン・テュディック キアラン・ハインズ クリス・ウィリアムズ



アレンデール王国の王女姉妹エルサとアナ。幼い頃は大の仲良しだった2人だが、姉エルサには触れたものを凍らせてしまう魔法の力があった。ある時、その禁断の力がアナを危険にさらしてしまい、責任を感じたエルサは魔法を封印し部屋に閉じこもってしまう。しかし月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、エルサは王位を継がなければならなくなる。美しく成長した彼女は、新女王として戴冠式に臨むが、力を制御できずに、真夏の王国を冬に変えてしまう。エルサは城から逃亡し、雪山に氷の城を築いて“雪の女王”となり、氷の世界でそれまで抑え込んでいた本来の自分を解放していく。エルサが心を閉ざしてしまった理由を知ったアナは、大好きな姉と王国の危機を救うため、危険をかえりみず雪山の奥深くへと旅立つ。

凍った世界を救うのは――真実の愛。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
03 アナと雪の女王
夢を売ってなんぼのディズニーもこの時代、幸せを齎してくれるのは白馬の王子さまじゃ無いんだよ~って事なんでしょうか?
それにしても一番良いシーンをバンバン流して良いのか?映画観る前から例のシーンを見続けて感動してたので。いざスクリーンで見るとそうそう!って程度で感動が薄めに成っちゃたのが残念。
オラフが出てくるシーンも風景は美しかったけど…

不思議な力を持ったエルサ、妹のアナと幼い頃はその力で無邪気に遊ぶんだけど、助けるつもりが妹を傷つけてしまい、力を封印する姉のエルサ。両親もエルサが力を制御するまでと城の門を閉ざし妹アナとも接触を拒むが、両親が不幸な事故で亡くなる。
まだ力を制御出来ないエルサは悲しむアナを慰めることも出来ず喪に服して3年、姉エルサの戴冠式の日。久々に開いた城の門、嬉しさに溢れるアナに比べエルサは不安がいっぱい!なんとか戴冠式を無事に済ませ女王となったエルサ。アナは恋に憧れ出会って直ぐの王子と婚約、姉に報告に行くけど認めてもらえず、思いをぶつけてくるアナに怒りを感じたエルサは力を制御できず、力がバレて興奮のあまり夏真っ盛りだった王国を一気に冬に変えてしまいそのまま姿を消してしまう。後を追うアナ…一方エルサは解放感に歓喜し自ら城を気付きあげる…二人の姉妹の行くへは…

ミュージカルなのが楽しい。一瞬で凍ってしまう映像はある意味アニメ向きなのかも?氷の世界はとにかく美しいです。

アナは真実の愛を求めて二人の男性に命運を託すけど、姉の危機に起こす行動が自らの命を救います。
何が大事か?それはやっぱり身内?地を別けた姉妹でしょ?ですか?
そんな妹を見て姉も力の制御を理解する。力を閉じ込めずあるがままを受け入れて国民に受け入れてもらった女王は妹と共になんとも幸せそうでした。

長女と次女、女王と王女、やっぱり違いがあるんだなぁ~って描き方はリアルなのかもね?!
とにかく凄く楽しめるアニメ作品でした。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック