キャリー

キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)
(2014/03/12)
クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る

ジャンル: ホラー
原題: Carrie
製作年 :2013年
初公開年月: 2013/11/08
製作国: アメリカ
配給 :ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 :100分
監督: キンバリー・ピアース
原作: スティーヴン・キング
『キャリー』(新潮文庫刊)
出演:ジュリアン・ムーア、クロエ・グレース・モレッツ、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート、ゾーイ・ベルキン、サマンサ・ワインスタイン、カリッサ・ストレイン
高校に通う内気な少女キャリー。狂信的な信仰に囚われた母親の過度な束縛によって、まともな友だち付き合いもできずに陰湿なイジメに晒される辛く孤独な日々を送っていた。そんなある日、キャリーに対するクラスメイトのイジメが一線を越え、関わった女生徒が学校から処分を受ける事態に発展する。これを不服に思った主犯格のクリスはキャリーへの憎しみを募らせる。一方いじめを反省したスーは、せめてもの償いにと、キャリーをプロムに誘ってあげてと自分の恋人を説得する。そんな中、念じるだけで物を動かす不思議な能力に目覚めていくキャリーだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
上映中に見たかったんですけど、タイミングが合わず。オリジナルのキャリーを最初に見た時、怖かった~でも、再見したらそうでも無くって(?_?)そしてリメイク、クロエちゃんだし是非見たいと思ってたんだけどね。
ほぼ忠実、今風にはアレンジしてるしCGのそれなりに凄い。
クロエちゃんだと可愛過ぎちゃう~って思ってたけど、苛められる子って容姿は関係なくって雰囲気なのかもね?彼女の人とうまくコミュニケーションが取れないのって絶対的存在の母親のせいだとありありと解る。妊娠を腫瘍だと言い、狂信的な信者で、その狂った演技が凄まじかったです。

地味に目立たず暮してたキャリーだけど、生理が始まり、知識が無いために驚いて目立っちゃうんです。弱者を苛めて喜ぶ輩は何処にでも居る物で、その女生徒が引き金になって集団苛め。その中で罪の意識を感じる女生徒もいるけど何も出来ず先生が助けに入る。
それがきっかけでいじめが助長するけど、先生の判断で首謀者と仲間に罰が与えられるけど、今度は逆恨み。罪を感じた女生徒は自分の彼氏にキャリーをプロムに誘い出すことを提案するけど、そこが惨劇の場所に変わるんです。
キャリーちゃん、ちゃんと自分で生理と念力の能力を調べてましたが、母親に説明しても聞いてくれないんですよね。プロムに行くのにも母親に反対され閉じ込めて出かけるんだけど、惨劇後、求めるのはやっぱり母親…だけど母親の決断は(-_-;)

いじめっ子が片っ端から・・・結構、すっきり!って感じるのが怖い?
ラストのお墓のシーンはオリジナルほど恐怖は無かったです。そこだけちょっとドキドキでしたが、セーフ!って感じでした(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード