2014_02
15
(Sat)15:32

みなさん、さようなら

みなさん、さようなら [Blu-ray]みなさん、さようなら [Blu-ray]
(2013/06/05)
濱田 岳、倉科カナ 他

商品詳細を見る


ジャンル: ドラマ
製作年: 2012年
初公開年月: 2013/01/26
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
上映時間: 120分
監督: 中村義洋
原作: 久保寺健彦
『みなさん、さようなら』(幻冬舎刊)
出演:濱田岳、倉科カナ、永山絢斗、波瑠、安藤玉恵、志保、ナオミ・オルテガ、田中圭、ベンガル、大塚寧々


賑やかな団地には、肉屋から魚屋、理髪店、衣料品店など何でも揃っている。外出する用事は、団地の敷地内だけで充分。初恋も、親友も、何だって団地の中だけで済ますことができる。団地の中のケーキ屋に就職し、同級生の緒方早紀(倉科カナ)と婚約。団地の中だけの生活を謳歌してゆく悟だったが、いつしか団地で暮らす友人たちは、1人、また1人と悟の前から去ってゆく。本当はみんな知っている。なぜ悟が団地から出ないのか。果たして、悟が団地から出なくなった本当の理由とは何なのか?彼が団地の外に一歩踏み出す日は来るのだろうか……?

悟、12歳。
団地から一歩も出ずに
生きると、きめた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
コメディかと思ってたんですよね~
何故?団地から出ないか…出れないか?なんですよね。まさかそんな重い理由があるなんて思ってなかったです。
母親の決断、だまって見守る姿勢、凄い勇気って気がしました。
マンモス団地、幼稚園や小学校もあり商店街もある既にひとつの町のような団地。悟はこの団地から出ないと外にある中学校への通学を拒絶。そんな息子に何も言わない母。彼は体を鍛え団地をパトロールして団地の平和は守ると心に誓ってる。同級生が一人ひとりと団地から引っ越す中、彼は日課をこなす日々。彼は同じ母子家庭で学校でいじめられてる同級生と仲良くなる。そして1日も通学せず中学校を卒業した悟は団地内のケーキ屋さんに就職、頑なに団地から出ることを拒否する悟だけど、それは小学校の時に受けたトラウマが原因だったんです。悟は団地を出ない事で自分の心を守ってるの。好きなった女性の助けを借りて出ようと試みたこともあったけどやっぱり無理だったの…
団地も縮小され商店街もシャッターが目立ち始めたころ、悟に危機が訪れる。人気に陰りが出た団地に増えたのは外国人、ハーフの少女との出会い、彼女の置かれた環境、そして彼女の義理の父とは!悟の奇跡のような力で何とか乗り切る!
少しずつ、本当に少しずつ過去の自分と闘かってる悟に母が倒れた知らせが!
悟は何事も無いように団地から慌てて出て行く様子がちょっと感動的でした。
そして母の思いが素晴らしかったです。

変わった奴だと思ってる同級生も理由を知ってるだけに同窓会が集会所でも来たんだろうなぁ~なんて後で思いました。
母子家庭でいじめられてた友達も心を病んでましたが、普通に見える悟だって心が傷ついてて…そんな傷を持った子供って今の時代には多いんじゃないかなぁ?

それにしても12歳から大人まで演じる濱田岳って個性的な役者さんですね~

C.O.M.M.E.N.T

夢眠さん、こんにちは!

映画に出てくる賢母って、
どの人も口を出さず子供を温かく見守ってるんですよね。
自分にはなかなか出来ない事です(^^;

母も立派だったけど、周囲がみんな優しかったですね。
自分の中のトラウマと戦って少しずつ進んでいく
主人公の姿を丁寧に描いた作品でした。

2014/02/22 (Sat) 17:41 | YAN #9L.cY0cg | URL | 編集 | 返信

Re: 夢眠さん、こんにちは!

YANさまへ

コメントありがとう。
母はこうあるべき…なんでしょうが、現実にはなかなかなのかも?
でも、母性愛って最強の愛って気がします。

周りの人も同情とは違う見守りを感じました。
不思議な感じの作品だけどホッとしちゃいました。

2014/02/22 (Sat) 22:09 | 夢眠 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック