ハッシュパピー バスタブ島の少女

ハッシュパピー バスタブ島の少女 [Blu-ray]ハッシュパピー バスタブ島の少女 [Blu-ray]
(2013/10/25)
クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドゥワイト・ヘンリー 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ/ファンタジー
原題: BEASTS OF THE SOUTHERN WILD
製作年: 2012年
初公開年月: 2013/04/20
製作国 :アメリカ
配給 :ファントム・フィルム
上映時間: 93分
監督: ベン・ザイトリン
出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー、ドゥワイト・ヘンリー


現代社会から取り残されたかのような南部デルタ地帯の“バスタブ島”を舞台に、父とともに極貧生活を送る一人の少女が、自然の猛威に翻弄されながらも過酷な現実を逞しく生き抜く姿を、美しくファンタジックな映像で力強く描き出していく。6歳の少女ハッシュパピーは、飲んだくれの父親ウィンクと暮らしながら、バスタブの仲間たちと活気にあふれた毎日を送っていた。ところある日、そんなバスタブを100年に一度の大嵐が襲う。


あたしは強くなる

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
バスタブ島と言うところで自然と共存して暮す人々、ハッシュパピーも父と共にこのコミュニティで暮す。ある日、父が姿を消す!幼いハッシュパピーは探すけど見つからず気丈にも誰にも相談しない。翌日、父は入院患者が着る寝巻と腕にはバーコードを巻いていた。どう言う状況だったかは直ぐわかるけど幼い子供には理解できない。食事の支度をするつもりでコンロに火をかけたハッシュパピーは自分の住んでる小屋を燃やしてしまう大失敗までするんだけど、ちょうど大嵐が着ててコミュニティーの大半は非難するがハッシュパピーと父、そして数人は残る。
水浸しになった住処をボートで移動しコミュニティーの仲間と出会い共同体として暮し始める、その間に父は幼い娘に生きる術を教えだす。

嵐から数日たつが水は引かない、堰があるためと父たちは堰を爆破する。だけど政府は彼らを保護しそこに住むことを禁じるのだけど…

幼いハッシュパピーは現実を目の当たりにして、連想し空想する。恐怖の大きな生物は彼女の成長と共に制御されていくんですよね。
幼い娘でも父の様子が違う事は解る、そしてどこへ向かってるのかも理解する。彼女は周りの状況と人々に触れ成長し父を看取る。
彼女のアイデンティティーは父から受け取った物だけど、それしか知らない少女はやっぱり森にもどるんでしょうね。

少女は演技では無い演技とでも言うんでしょうか、なんだか不思議な感じでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード