2013_12
15
(Sun)23:21

キャプテン・フィリップス

キャプテンの責務 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)キャプテンの責務 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
(2013/10/25)
リチャード フィリップス

商品詳細を見る


ジャンル:サスペンス
原題: Captain Phillips
製作年: 2013
初公開年月: 2013/11/29
製作国 :アメリカ
配給 :ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 :134分
監督: ポール・グリーングラス
原作: リチャード・フィリップス
『キャプテンの責務』(早川書房刊)
出演: トム・ハンクス バーカッド・アブディ バーカッド・アブディラマン ファイサル・アメッド マハト・M・アリ マイケル・チャーナス コーリイ・ジョンソン マックス・マーティーニ クリス・マルケイ ユル・ヴァスケス デヴィッド・ウォーショフスキー キャサリン・キーナー


2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号。インド洋を順調に航行していたが、ソマリア沖で4人組の海賊に襲撃される。船長のリチャード・フィリップスは、船が彼らに乗っ取られる直前、数人のクルーを残して乗組員を全員、機関室に匿う。そして彼らを救うため、自らは単身で人質となり、海賊たちと共に小さな救命艇に乗り移り、アラバマ号を後にする。やがて事件の一報を受けたアメリカ政府は、海軍特殊部隊ネイビー・シールズを出動させ、フィリップス船長の救出作戦を開始するが…。

「生きて還る――」
勇気だけが彼の希望となった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2013.12 キャプテン・フィリップス

これ凄い作品だと思いました。
見入って凄く疲れちゃった~実話なので結末は解ってるんですけど、犯人側も丁寧に描かれてるので無条件に憎むって感じも無かったのが凄さの原因かも?!
助かった船長の様子がリアルで、安堵感より恐怖の延長、そして犯人に対する思いを有ったのかも?って思わせる演技はさすがにトム・ハンクスって感じです。

ソマリアの海賊、我がための利益を得るためで無い行為、幻覚作用のある葉っぱを咥え海に出て船を襲い得たお金を権力者に渡す。彼らの夢はアメリカに行く事…

ベテラン船長のフィリップスは年々仕事が辛くなる、それだけでなく世の中の情勢にも不安である。そんな中、仕事で貨物船に乗り一部援助物資を積んで出港する。船長に届く不安な情報、訓練を決行してる間、本当に海賊が現れる。上手く退避出来たけど、不安がる乗組員。そして翌朝、また襲われる。乗組員を守る船長、乗っ取られた船、だけど無事にやりすげせるかも?って思ったけど船長は海賊たちに救命艇で連れ去られちゃう。
アメリカ海軍が動き、救出作戦が決行されるけど…

とにかく凄いです。キャプテンの判断と勇気、海賊たちの不安な思いと後戻りできない状況はやっぱり切ないとしか言えません。

トム・ハンクスの作品で海でイメージできるのはキャスト・アゥエイ。この作品での演技も素晴らしかったけど、映画館で見た印象が強烈なので凄く覚えてます。見てた映画館、6Fでした。上映中に地震で揺れてびっくりしました!凄い印象に残ってますが、上映は止まるともなく続いてましたね~そういう意味では今年、雷で上映中に突然、切れちゃった方が強烈ですね。
«  HOME  »
  47RONIN

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック