47RONIN

ポスター A4 パターンE 47 RONIN 光沢プリントポスター A4 パターンE 47 RONIN 光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る


ジャンル: ファンタジー
原題 :47Ronin
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/12/06
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和
上映時間: 121分
監督: カール・リンシュ
出演: キアヌ・リーヴス カイ 真田広之 浅野忠信 吉良上野介 菊地凛子 柴咲コウ 赤西仁
田中泯 ケイリー=ヒロユキ・タガワ



将軍・徳川綱吉が治める鎖国時代の日本。かつて赤穂藩藩主・浅野内匠頭に命を救われた混血の異人カイ。浅野の娘ミカと心を通わつつも、浅野への忠義を誓い、領地の片隅で一人静かに暮らしていた。そんな中、赤穂藩の追い落としを目論む隣国の藩主・吉良上野介は、謎の妖術使いミヅキと共に奸計を巡らせ、浅野に刃傷沙汰を起こさせてまんまとお家取り潰しに追い込むことに成功。さらに浅野の忠臣・大石内蔵助はじめ家臣たちは浪人となり、四散してしまう。一年後、大石は出島でオランダ人の奴隷となっていたカイを助け出すと、復讐への助太刀を要請する。こうして大石率いるわずか47人の赤穂浪士は、ついに吉良への仇討ちへと立ち上がるのだったが…。

参戦せよ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2013.12 47RONIN

物語としての忠臣蔵が大好きなんですよね~それが元ネタなら、しかもキアヌなら見るしかないです(笑)まぁ筋だけ利用した時代劇ファンタジーでしたが、アニメとかなら妙に納得だけど実写で描かれてるのが妙に嬉しいと言うか凄く楽しめちゃった。

赤穂の地に突然現れた異邦人の子供、どこから現れたのは謎ですが城主の浅野は彼を保護する。そして娘ミカも普通に接する。時を経て異邦人の子供も成長するが見た目の違いに鬼子としてつまはじきにされてた。浅野家を憎むのは吉良家、そこに仕えてる女狐の女は妖術を操り吉良の思いを遂げるべき帆走するけど?女狐が吉良を操ってる感じも?

赤穂では将軍を迎えるべき準備が進み、客人として吉良も訪れるが妖術で浅野が操られ謀反人扱い、切腹を命じられる。名誉の死と言いながら受け入れる城主と違い家臣は怒りを覚えるが今は我慢するようにと大石が抑える。そして一年後に復讐するってお話しの筋はちゃんと忠臣蔵ですが、最後の切腹に恩恵があるのはやっぱりアメリカ的なんでしょうか?ついでに最初の方で獣だからって理由で死を免れた男も免除して欲しかったけどね(-_-;)

朝の亡きあと、大石は遊びまわるのではなく閉じ込められちゃったりしてるし、最初はもっと大勢が居たけど結局は47人になっちゃった~でした。通行手形の下りが入ってたのは嬉しいけど…ちょっと違う(笑)でも、敵は妖術討使い、47人に入るキアヌは天狗に育てられた子だったりする、しっかりファンタジー。天狗さんがフクロウみたいな顔でひょっとして宇宙人?とか妄想は膨らんで楽しかった。

恋愛の絡みも程よくって女性の服装が着物のアレンジで素敵、菊池の演じる女狐のいかにも妖しい感じも良かったです。切腹のシーンは微妙だけど、日本人が英語を喋ってるのも多少の違和感あるけど、日本人が演じてる役にはそれほど違和感が無くって、見やすかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード