2013_11
26
(Tue)22:38

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 ビジュアルガイド (アニメ関係単行本)かぐや姫の物語 ビジュアルガイド (アニメ関係単行本)
(2013/11/21)
スタジオジブリ

商品詳細を見る

ジャンル: アニメーション
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/11/23
製作国: 日本
配給 :東宝
上映時間: 137分
監督: 高畑勲
声の出演: 朝倉あき 高良健吾 地井武男 宮本信子 高畑淳子 田畑智子 立川志の輔 上川隆也 伊集院光 宇崎竜童 古城環 中村七之助 橋爪功 朝丘雪路 仲代達矢


竹林にやって来た翁は、光る不思議な竹に気づき、近づくと小さな女の子が現われる。女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。女の子は捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長する。翁は娘を立派な女性に育てようと、都に移り住み、教育する。そして美しく成長した娘は、かぐや姫と名付けられる。やがて姫の美しさを聞きつけ、5人の求婚者が現われるが…。

姫の犯した罪と罰。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2013.11 かぐや姫の物語

かぐや姫ごとき?で泣くとは思わなかった~オーソドックスな物語です。竹から生まれて公達に求婚されて無理難題言って月に帰るのは一緒なのに~丁寧に描かれてる子供時代や育ての親との関係なんかが感動を生むのでしょうか?
画は今どきのリアルCGの真逆で暖かくって…風景なんて絵手紙が動いてる!って変な感動も♪冒頭の古い言葉で語られるナレーションも良い。花や木で田舎の風景で今は何月頃だと解るんですよね。四季があり自然が側にあるから感じれるんですね。日本に生まれて本当に良かった。アケビの実の割れ具合で秋を感じた時、この絵をずっと見てたいって思った。

竹が光って竹取の翁が気が付いた。そこから美しい小さな小さな姫が現れ大事に家に持ち帰った。
媼が抱き上げると赤ちゃんに変わった。そして自らの体にも変化が!おっぱいが出るのにびっくりです(笑)丸々した赤ちゃんはすくすく育つ、まるでタケノコのように…村の子供たちにはタケノコと呼ばれ一緒に森を村を駆け回る。だけど翁は姫を見つけた後、次々と竹の中から小金を見つける。そして姫を都に連れて行くために翁は小金を使い屋敷を建て人を雇い姫に教養を身に付けさせ良い良縁をと考える。だけど姫は村や子供たちと離れたくない…都に行った姫は美しくなり公達が彼女を射とめようと躍起になるが…

本当に昔から語られる物語のまま…
で姫の罪は?公達を不幸にしたから?それとも地球の地に憧れたから?
罰は?生きるのを目的に来たのに生きがいを感じなかったから?それとも月に救いを求めたから?
自分の思うように生きる事の難しさ、親の願いと子供の希望は違う事、そして必ず来る親子の別れ
なんかを感じつつ、月の使者ってお釈迦様みたい~とかも思いつつ堪能しました!
長い…長さは感じないんだけどね。

因みにジブリ作品のエンドロールにしては長く、背景も無くなんか珍しい?でも、スタッフや監督の顔が浮かぶんですよね~歌声も素晴らしかったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック