2013_11
04
(Mon)16:57

42~世界を変えた男~

ポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンH 「42 世界を変えた男」光沢プリントポスタ- アクリルフォトスタンド入り A4 パターンH 「42 世界を変えた男」光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る



ジャンル:ドラマ
原題 :42
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/11/01
製作国 :アメリカ
配給: ワーナー・ブラザーズ映画
上映時間:128分
監督: ブライアン・ヘルゲランド
出演: チャドウィック・ボーズマン ハリソン・フォード ニコール・ベハーリー クリストファー・メローニ アンドレ・ホランド ルーカス・ブラック ハミッシュ・リンクレイター ライアン・メリマン ブラッド・バイアー ジェシー・ルケン アラン・テュディック


1945年、ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、一人の黒人選手と契約を交わす。その名はジャッキー・ロビンソン。当時、メジャーリーガーは白人だけの世界。リッキーのこの決断に対し非難の嵐が巻き起こる。それでも下部リーグの3Aに出場し、逆境の中で実績を残していくジャッキー。そしてついに1947年、彼はドジャースの一員として、背番号42のユニフォームを着てメジャーのグランドに立つ。しかしそんな彼の前には、数々の差別的待遇や卑劣ないやがらせが当然のように待ち受けていた。チームメイトさえ味方してくれない過酷な状況の中、リッキーとの約束を守り、歯を食いしばって耐え忍び、プレーに集中するジャッキーだったが…。


信じ続ければ、世界は変わる。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


2013.11 42~世界を変えた男~

もっと感動的かと思ったんですが、それほど心に響いてきませんでした。期待が大きすぎたのかも知れません…予告だけで泣きそうになってたので(^^ゞずいぶん離れた見知らぬお隣さんは号泣されてました。

戦争には行ってもらうけど終わったら差別的な法律を作る国アメリカ!肌の色による差別は著しい、でも場所によるんですね。ロビンソンは黒人が普通に暮らせる環境下で戦争にも行き、大学を出て教養もある。そして黒人だけのリーグに所属し野球選手として活躍してた。
彼に目を付けたのはドジャースのGM。反対する周りの人々に構わず最初は3Aで契約。差別的な監督を権力で抑えつつ、ロビンソンの活躍で認めることに。
そしてメジャーでの契約。監督よりも彼を選んだGM。だけど差別は過剰になって行く。相手の監督の辛辣なヤジ、試合先でのホテルの宿泊拒否、脅迫状などなど…選手も最初は拒むけど、徐々に仲間意識が生まれてくる。
彼が紳士で弁えてるんですよね、もちろん怒りに身を投じようとした時もあったけどGMが諭す。そのGMが彼を再送した本当の意図はある意味、復讐ぽいかも知れないけどね。自分に対して、そして球界に対して…でもロビンソンとGMは間違いなく歴史を変えたんだろうと思います。
42番、永久欠番だそうです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック