人類資金

人類資金 オリジナルサウンドトラック人類資金 オリジナルサウンドトラック
(2013/10/09)
サントラ

商品詳細を見る


ジャンル: サスペンス
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/10/19
製作国: 日本
配給: 松竹
上映時間 :140分
監督: 阪本順治
原作: 福井晴敏
『人類資金』(講談社刊)
出演: 佐藤浩市 香取慎吾 森山未來 観月ありさ 石橋蓮司 豊川悦司 寺島進 三浦誠己
岸部一徳 オダギリジョー ユ・ジテ ヴィンセント・ギャロ 仲代達矢


2014年。敗戦目前の日本軍が秘かに隠匿したとされる莫大な秘密資産“M資金”。亡き父と同じ道を歩む真舟雄一は、そんなM資金をエサに架空の融資話で詐欺を繰り返すヤリ手の詐欺師。ある日、謎の男Mが真舟に近づき、驚愕の依頼を持ちかける。それは、日米が共同で管理運営する極秘の“財団”によって運用されているM資金を盗み出してほしい、というもの。資金の時価総額は10兆円、しかも報酬は50億円。多額の報酬と、長年追い求めてきたM資金の秘密を知りたいとの思いから、この空前の詐欺計画に乗ることを決意する真舟だったが…。


10兆円で世界のルールは変えられるか?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2013.10 人類資金

予備知識無し、出演俳優も佐藤浩市くらいしか知らなくって、でも見ちゃうんですよね(?_?)
M資金って言うか埋蔵金?絡みだから?!なんで見たんだろう…
まぁそこそこ楽しめました。でも、説明不足と言うかお金の流れとか資本主義とかよく解らないんで付いて行けない(-_-;)最近のヤクザ屋さんの方が詳しいんかい?ってシーンもありました。

冒頭は終戦間際、戦争に勝つためにとへそくりとして強奪した膨大な金、託されたのは笹倉という軍人。彼はそれを戦後復興、それ以上に未来の人類のために使おうと隠す?

現代、いきなりやり手の詐欺師のお話し。だけど失敗しちゃって…そんな彼に声を掛けて来たのは彼自身がネタとして使ってるM資金、それを現在に引き継ぐ財団の話をする男。
詐欺師の真舟はネタに使ってたけど、亡き父が調査してた因縁の秘密資産だった。興味を持った真舟は男の言う場所まで出かけるがいきなり襲われる。秘密警察?ぽいけど、指揮する女性の目的は首謀者の男?みたいですが、謎は一切解明されず真舟はある場所まで導かれMと言う男と出会い詐欺師として雇われる。Mとは何者か?彼の本当の目的は?って感じですが世界中を飛び回る割に後半失速しちゃったかな?視点が定まりきってな感じもしたけど?!

PDAか~懐かしいなぁ?!まだ持ってるけど起動するかしら?
秘密資産は日本のためじゃ無く人類のために使え!って感じ…でも、結局は裏で操ってるのはアメリカ?結局は踊らされてる日本人?でしょうか?それを払拭したいと考えてたようですが…結局はどうなんだろうね?

見てる途中で女性の教育を訴え暗殺されかかった少女マララさんの事を何となく思い出しました。子供たちへの教育は大きな意味で投資ですよね。天才はどこに隠れてるか解らないもの。

ラストの国連でのスピーチは良かったかな?
だけど誰も呪縛から解放されてないのでは?なんて思えたりもしました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード