2013_10
05
(Sat)21:24

謝罪の王様

「謝罪の王様」オフィシャルブック 土下座の彼方まで~黒島譲に学ぶ謝罪の極意~ (TOKYO NEWS MOOK 377号)「謝罪の王様」オフィシャルブック 土下座の彼方まで~黒島譲に学ぶ謝罪の極意~ (TOKYO NEWS MOOK 377号)
(2013/09/12)
不明

商品詳細を見る


ジャンル: コメディ
製作年: 2013年
初公開年月: 2013/09/28
製作国: 日本
配給: 東宝
上映時間: 128分
監督: 水田伸生
出演: 阿部サダヲ 井上真央 竹野内豊 岡田将生 尾野真千子 荒川良々 濱田岳 松本利夫


ヤクザな男の車相手に追突事故を起こしてしまった帰国子女の倉持典子。欧米の習慣が災いして、うまく謝罪できず泥沼に。そんな彼女が頼ったのは、“謝罪のプロ”を自任する東京謝罪センター所長、黒島譲だった。そして、黒島の見事な“謝罪”でどうにか窮地を脱した典子は、そのまま黒島のアシスタントとして働くハメに。やがて2人の前には、一筋縄ではいかない大小様々な難題を抱えた、ひと癖もふた癖もある依頼者たちが次々と現われるのだったが…。

謝るとき、人は誰でも主人公。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2013.10 謝罪の王様


宣伝効果?で観に行こうと思ってました。
冷静に考えるとDVDでも良かったかも?なんて思いつつもそれなりに楽しめました。
大笑いするようなコメディでは無いんですけど、なんか面白いって感じ。
法律に詳しい訳では無くただただ誤って許してもらおう!ってポリシー?の東京謝罪センター…事務所は喫茶店?!最初のケースは帰国子女n女性、誤るのは不利!って国で育ち法律の勉強までしちゃってるので、ここで誤らなきゃ~ってシーンでもごめんなさいが言えません。
あっという間に窮地に落ちた彼女が相談したのは東京謝罪センター。
身を犠牲にし身を粉にして何とか彼女の罪?ヤクザから許してもらったのはセンター所長黒島。そんな黒島に感銘?を受けたのか…助手にして欲しいと願ったのは助けてもらった典子。二人が扱う数々のケース。セクハラで窮地に男性社員に芸能人、プロデューサーなどなど様々な人達が助けを求めてくる。それぞれのケースを解決しながら物語は少しずつ絡む。ここで使った小道具が…ここでの出会いが…そして典子のケースや所長のケースまで描いて、二人は国際問題まで絡まってしまう。相手国は土下座が全く通じないと言うよりも逆高価な国、さぁ黒島はどうやって収めるのか?!
そんなぁ~な感じも良いかもね。それぞれのケースもなんだかほっこりしちゃうし、ごめんなさいの心理分析も楽しめました。
ラストはミュージックビデオ?だけど、その後のエンドクレジット左から流れる縦書き、意外と見やすくって良かったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック