2013_09
23
(Mon)22:11

ラブ・クライム

ラブ・クライム [DVD]ラブ・クライム [DVD]
(2011/09/23)
ミシェル・ファイファー、アシュトン・カッチャー 他

商品詳細を見る

ジャンル:サスペンス
製作年:2009年
公開情報:劇場未公開
製作国:アメリカ/ドイツ
原題:PERSONAL EFFECTS
上映時間:110分
監督: デヴィッド・ホランダー
出演:ミシェル・ファイファー、アシュトン・カッチャー、キャシー・ベイツ、スペンサー・ハドソン、ブライアン・マーキンソン、キース・ダラス、サージ・ホード、デビッド・ルイス、ブライアン・マーキンソン


双子の姉をレイプ殺人で亡くしたウォルターと、夫を銃殺されたリンダ。心に傷を持つふたりは惹かれ合い、恋に落ちるが…。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
心の結びつき…だけどコミュニケーションの手段が無いと誤って伝わる?聴覚障害の息子の表情が常に悩み深い感じで可愛そうだった。

夫を殺された妻と、双子の姉を殺された弟のウォルターが出会う。それは日常では決して行かない場所。彼らの裁判をほぼ同時進行、裁判所の待合で何度も出会いお互いに声を掛けあう仲に…
妻には聴覚障害の息子が居ててトラブルをよく起こす。そんな息子にウォルターはレスリングを教える、言葉を交わせない二人だけど信頼関係が生まれる。それは年齢を気にしない二人の間にも愛を含んで芽生える。
だけど夫殺しの犯人は有罪になるけど姉殺しの精神障害を持つ男は無罪に・・・やり切れ居ないウォルターは自ら証拠を掴もうとするけど調べるほどに犯人の無罪が明らかになる。
殺しに向かったウォルターだけど犯人は別人とさとるがそれを見ていた聴覚障害の息子は行動におこしてしまう。
だけど…

なんだかちょっと切ない感じです。関わる人は心だけでなく障害も抱えた弱い人々だけって感じでした。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック