FC2ブログ

夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

氷の接吻

氷の接吻 氷の接吻
ユアン・マクレガー (2000/08/25)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る

製作年度 1999年 アメリカ  上映時間 1時間47分
監督 ステファン・エリオット
原作 マルク・ベーム
出演 ユアン・マクレガー 、アシュレイ・ジャッド 、パトリック・バーギン 、k・d・ラング 、ジェイソン・プリーストリー


連続殺人鬼の女と、彼女を監視する秘密諜報部員。2人が織りなす甘く危険な愛を描く。女連続殺人鬼・ジョアナを目にした、英国諜報局のスパイ“EYE”。彼女に運命的なものを感じたEYEは、ジョアナを監視するうちにやがて彼女の虜となってゆく。

なんとも言えない不思議な世界観でした。

彼女が何故、次々と男を殺すのか?そして彼が何故その彼女に惹かれ、追いかけて助けるのか?
何の説明も有りませんが^_^;独特な雰囲気はハマってしまったかも?!
だいたい…彼女を追うEYEのお仕事もよく解りません(笑)
EYEは英国のスパイでたぶん盗聴や盗撮がメインのお仕事、そして部屋からあまり出ずにパソコン使って全てを処理してる感じ…接触もテレビ電話みたいなの。そんな彼に長官の息子が勝手に金を引き出すからお灸をすえて欲しいと頼まれ仕事部屋から下界へ飛び出す。そんな彼は失踪した娘の幻覚を見るという精神病におかされてたが、しっかり幻覚として受け止めて病気に折り合いをつけてた。
そして運命は…長官の息子と接触する女性、監視してるなかの殺人、直ぐに通報しようとするが、撮影した写真に幻覚であるはずの娘の姿を確認し、報告を止め、彼女をつけていく…
EYEが見る隠しカメラから移る映像とリアルな映像が交互に挿入され、何故か彼は彼女に惹かれる…そして幻覚で見てた娘の姿が消える。彼女の過去を探ったり、幸せに成りそうな手前で阻止したりするんだけど彼女の前には姿を現さないし…まるでストーカーさんです^_^;
彼女に影響を与えたであろうと思われる保護官の女性…カツラ、占い、コニャック、ジタンと言うタバコ。キーワードはいくつも提示されてるのに生かされてない気がするな~
そして極寒のアラスカで二人は接する。
きっと彼女が殺人を犯す理由もあるし、その彼女に惹かれる彼の思いもあるんだろうけど、勝手に想像してください!って感じで突き放される(?_?)悲しい過去を持ち、倫理を越えて破綻に向かう二人…
アメリカの作品にしては謎って思ったけど先にフランスで作られたリメイクのようで納得。

内容は謎だらけな気もするのですが…何となく惹きつけられる不思議な作品でした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター