シンパシー・フォー・デリシャス

シンパシー・フォー・デリシャス [DVD]シンパシー・フォー・デリシャス [DVD]
(2011/08/05)
クリストファー・ソーントン、マーク・ラファロ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
原題: Sympathy for Delicious
製作年: 2010年
初公開年月 :2011/04/30
製作国 :アメリカ
配給 :ファインフィルムズ
上映時間 :101分
監督:マーク・ラファロ
出演:クリストファー・ソーントン、ジュリエット・ルイス、ノア・エメリッヒ、ローラ・リニー、オーランド・ブルーム、マーク・ラファロ、ノア・エメリッヒ


かつて伝説的DJ“デリシャスD”として名を馳せたディーンだったが、事故で車いす生活を余儀なくされてしまう。神父のジョーの励ましにも、再び音楽と向き合う気力を持てずにいた。そんなある日、彼は自分が手をかざすことで、人々を治癒してしまう不思議な力があることに気づく。神父の仲介で、人々を治癒し始めたディーンだったが…。

夢を叶えるための、奇跡──

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
DJデリシャスDとして圧訳してたディーンは事故で下半身不随の車椅子生活になってしまい、住むところも無く車上生活。支援活動する教会のお世話になってるのが現状。神父のジョーは献身的に励ますのだけど希望を見いだせない。
そんな時に調子の悪い障害者を心配して手をかざすと、不思議な感覚に囚われる?!
翌朝、その障害者は何と病気も障害も含めて健常になってる!神父は奇跡を目の当たりにしてなんだかハイ!なんですよね~それはギフトだと、ディーン自身には効果のない力だけど彼が救われるには他の人を治癒すべきだと説得され、試みるんだけど…奇跡は人を惑わす?神父も教会にとって利益があるような方向に傾くんだけど、一向に救われないディーンは納得がいかない。
そこへ不思議な力を見たロックバンドがライブでパフォーマンスするようにスカウト。ライブは大盛況、彼らをサポートするプロデューサーはディーンの力が100%では無いと知ると調整に励みさらにライブを盛り上げるのだけど、メンバーが一人薬物で発作を起こしディーンは力を使うけど死んでしまう。明らかに薬物中毒なんだけどディーンは裁判にかけられるんですよね。
そして罪になるんです…なんか怖い国だな~好意も悪意としてとられちゃう?

彼は犯罪者として自分を見つめ、神父が進める奉仕活動に参加してある人物を見つける。
決して許せない相手に力を使い癒し、そして彼にもご褒美が…
彼にとって歩ける事より自由の方が重要だったのかも?!
そして自分の言動は自分に返ってくる…良い事も悪い事も。

結局は何故?そんな力が!なんて事は解りませんが、爽やかな感動があります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード