ワイルド・スピード EURO MISSION

ポスタ- A4 パターンG ワイルド・スピード EURO MISSION 光沢プリントポスタ- A4 パターンG ワイルド・スピード EURO MISSION 光沢プリント
()
写真フォトスタンド APOLLO

商品詳細を見る

ジャンル:アクション
原題 :FAST & FURIOUS 6
製作年 :2013年
初公開年月:2013/07/06
製作国 :アメリカ
配給 :東宝東和
上映時間 :130分
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカー ドウェイン・ジョンソン ミシェル・ロドリゲス ジョーダナ・ブリュースター タイリース・ギブソン クリス・“リュダクリス”・ブリッジス  サン・カン ガル・ギャドット ルーク・エヴァンス ジーナ・カラーノ ジョン・オーティス


前回のミッションで大金を手にし、優雅な逃亡生活を送るドミニク。そんな彼の前に宿敵であるDSS(外交保安部)特別捜査官ホブスが現われ、元エリート軍人ショウ率いる巨大国際犯罪組織に対する捜査への協力を要請する。彼らは捜査当局の追跡をものともせず、ヨーロッパを拠点に特殊車両を駆使しながら破格の規模で犯行を重ねていた。そして、ドミニクにイエスと言わせるためにホブスが用意していた切り札は、なんと死んだはずの恋人レティ。彼女がショウ一味に加担しているという。それを聞いたドミニクは、すぐさまブライアンたち馴染みの凄腕ドライバーを招集すると、レティを巡る謎を解き明かすべくショウ一味を追うのだが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
2013.07 ワイルド・スピード EURO MISSION

目出たく?6作目ですが…あの日本を舞台にした作品は時系列が違うんでしょうか?それとも別ものって考えるべき?まぁハンのキャラは好きなんで復活でも良いけど。それを言うならレティもOK!かも(笑)
完璧に続き!なんで前作の復讐は必須?ただずっと見てる人にはオープニングで流れる前作の数々のシーンは嬉しい限りでございました。

冒頭からカーアクション炸裂で何も考えず映像を見てるだけで映画館で見る喜びを感じれます(笑)ラストでの会話の中で変わった捜査官だ!正義の犯罪者!とその通りな展開ですが、楽しいです。
しっかり仲間も確立されててもう家族って感じ、片や部下はパーツと考える悪党との対決なんです。勝つのは?当然だけど、悪等の部下の裏切りなんかも描いてほしかった?けどそっちかい?な展開もあり、まぁ面白かった。

車はありえへん!的な改造車がいっぱい!高級車を手に入れる下りはちょっとすっきり!それぞれの仲間のキャラが確立しててバランスが良いです。こう言う仲間ものは好きです。
戦車あり、飛行機ありと乗り物系もいっぱい出てきます。派手に壊れますが…
でも、やっぱり仲間のため!って動くのが良いです。

さて、更に続編があるようです。ハン、東京に行っちゃダメ!なんだけど行っちゃうんです。そして…でも、そこの登場したのはジェイソン・ステイサム?しかもクロス持ってる?ってそっち側?なんですか(T_T)どうなん?と思いつつ次回も楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード