2013_07
21
(Sun)15:23

君を想って海をゆく

君を想って海をゆく [DVD]君を想って海をゆく [DVD]
(2011/07/08)
ヴァンサン・ランドン、フィラ・エヴェルディ 他

商品詳細を見る

ジャンル: ドラマ
製作年: 2009年
初公開年月: 2010/12/18
製作国 :フランス
配給: ロングライド
上映時間 :110分
監督:フィリップ・リオレ
出演:ヴァンサン・ランドン、フィラ・エヴェルディ、オドレイ・ダナ、デリヤ・エヴェルディ、ティエリ・ゴダール、セリム・アクグル


イラク国籍クルド難民のビラルは、フランス最北端の港町カレにたどり着いた。恋人ミナの住むロンドンに行くためには、目の前のドーバー海峡を渡らないといけない。トラックの荷台に忍び込み密航を試みるが失敗、ビラルは海峡を泳いで渡ることを決意する。偶然出会った水泳コーチのシモンに、レッスン料を払い水泳の指導を求める。ビラルの目的に気付いたシモンは、その無謀な試みを諦めるように忠告するが…。

少年はドーバー海峡を泳いで渡る──
対岸のイギリスに暮らす恋人に会うために。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
結果を知ってたのでラストに近づくりにつれ不安定な気分になりました。
ハッピーでは無いです。まったく理不尽です。
でも内容は知らなかったのでびっくり、無条件な親切も罪になる事にびっくり!堂々と支援してる事にも制裁がかかり?なら移民の人はどうすれば良いんですか?ようは国から出て行け!だけど希望の国には行かせへんで~って事???

クルド難民のビラルは長い長い距離を歩いてフランスの港町にたどり着く。目的はイギリスへいく事。家族で出港しロンドンで暮す恋人の所を目指すが、そう簡単にはいかない。
何を使うにしてもお金がかかり命の危険も…何せ不法入国だから。結局ビラルはイギリスへ行けず危険な自国に帰されることも無くこの港町に留め置かれる…そういう移民が大勢いてるんです。
ある日、ビラルは海を見つめる…そして泳ぎのレッスンを受け始める。
水泳コーチのシモンが彼の真の目的に気が付き忠告するのだけど、それでも目指すビラルが気になり始める。シモンは奥さんと別居中、そんな家にビラルとその友人を招き、食事を提供し1夜だけ宿として提供するの…でも、それが罪になっちゃうんですね。支援してる奥さんにまで反対されるんだけどシモンはビラルに係るんです。そしてビラルがある事を決行するけど失敗。そして拘置されその間に恋人からは結婚するって連絡が入ったりする。その状況を見守るシモン…
何だか息苦しいです。変える国も無く行きたい場所にも行けない、人に親切にされるとその親切にした人が犯罪者扱いを受け、自分の身に置き場が一切ない…そんな状況が全く想像できないんですよね。

結末は悲しいけど、シモンの善意はビラルに勇気を与えたのでしょう…結果をぼかさなかったのはやはり現実と言うのはこういう事だと訴えたかったからなのかも知れないですね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック