華麗なるギャツビー

ミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビーミュージック・フロム・バズ・ラーマンズ・華麗なるギャツビー
(2013/06/05)
サントラ、ゴティエ 他

商品詳細を見る


ジャンル:ドラマ
原題: THE GREAT GATSBY
製作年 :2013年
初公開年月:2013/06/14
製作国 :アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 142分
監督:バズ・ラーマン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
出演:レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア キャリー・マリガン ジョエル・エドガートン アイラ・フィッシャー ジェイソン・クラーク アミターブ・バッチャン エリザベス・デビッキ アデレイド・クレメンス



1920年代。ジャズと禁酒法の時代。アメリカン・ドリームを追い求め、故郷の中西部からニューヨークへとやって来た作家志望のニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、宮殿のような豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に居を構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジー(キャリー・マリガン)とその夫で女好きのトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)が住む邸宅があった。そんなある日、ニックはギャツビーから彼の生い立ちを打ち明けられる。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った後、戦争で数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身だという。だがそんな出来すぎた話に、ニックは「ギャツビーは何かを隠している」と直感する。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そしてデイジーとの禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていくのだった……。

その名はギャツビー
男の憧れ、女の理想
その人生は――【嘘(ミステリー)】


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
2013.06 華麗なるギャツビー

なんで今頃ギャツビーなんだろう?と思いつつもあの年代の衣装が可愛い♪戦後、バブルに禁酒法、チャンスを逃さなければのし上がれるのね~多少の悪い事とちょっと危険なお友達もついてくるみたいだけど?!
ギャツビーの本心や苦悩は解りません。語るのはお隣に住んでた男、彼は今、現代で病んでた。医師に言われ華やかであった時代を文章にしろと言われ書き綴った過去の出来事。

故郷から都心にやって来た若者ニックは作家志望だけど景気の良い証券会社に勤め、高級住宅地の片隅に家を構える。対岸には金持ちに嫁いだ従妹のデイジーが住む邸宅が見える。デイジーの夫は女好きでデイジーは決して幸せって感じじゃ無く、そんな妻にお構いなくニックを伴って遊ぶ夫。一方ニックの隣の豪邸では週末には賑やかなパーティーが開催されてて、ニックは正式に招待され家の主、ギャツビーと出会う。彼の経歴は出来過ぎてて信じられないと感じるニックだけど、実は従妹のデイジーと昔出会ってた事を知り、ギャツビーの希望で彼女を招いてお茶会を開く…久々に再開した二人は急接近、2人に付き合い楽しい日々を過ごすニックだけど、ギャツビーの仕事に陰りが?彼の収入は?そして過去は?
徐々に明らかになってきて切ないラストへ向かいます…

恋愛物なんでしょうか?5年前に巡り合ったデイジーのために登り詰めたギャツビー。
だけど生まれた環境で人のアイデンティティって決まっちゃうのかも?良い意味でも悪い意味でも…デイジーは結局は裕福で何かあっても保身が一番、ギャツビーは常に進む…だけどデイジーに関してだけは過去に拘る。ニックはある意味、彼に憧れる…だけどそれは裕福で彼に備わってないハングリーさへの憧れ?ギャツビーが願いを叶えてもらったお礼を考えてるとニックは好意だと言って断る。その時のギャツビーの顔が印象的、登ってる段階で彼は既に人を信じれなくなってたのかもね?!後味の良いラストでは無いけどね~でも、過去の作品も見て見たくはなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード