オブリビオン

2013.05 オブリビオン

ジャンル:アクション
原題 :OBLIVION
製作年 :2013年
初公開年月 :2013/05/31
製作国 :アメリカ
配給: 東宝東和
上映時間:126分
監督:ジョセフ・コシンスキー
原作:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ モーガン・フリーマン オルガ・キュリレンコ アンドレア・ライズブロー ニコライ・コスター=ワルドー メリッサ・レオ ゾーイ・ベル



2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅する。人類は他の惑星へ移住するが、ジャック(トム・クルーズ)は高度1,000mの上空から地球を監視するため、たった1人で地球に残っていた。ある日ジャックは、墜落した宇宙船で美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)が眠っているのを見つける。彼女は目を覚ますと、会ったこともないジャックの名前を口にする。ジャックは断片的な記憶をたどるが、誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。ジュリアとビーチによって、ジャックと地球の運命が動き始める……。

何故、彼は
人類のいない地球に残されたのか――?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
無条件に見ようと思ってたけど、ネタバレのレビューでで内容確認してから更に見たくなりました。好きな内容だったのね~でも、そのレビューでイメージした内容とは少し違ったけど。でも、突き詰めるとその通りでもあるし…映画って受け止め方で違うんですね~それが面白いんですけどね。

2077年、今の地球の状況が軽く説明され、地球を監視と言うか、海水を得るために作業を見守りメンテナンスをする任務に就くジャックと彼をサポートと本部?との通信を担当する女性のヴィクトリア。二人は極秘任務のため?記憶を抹消されて地球に来た。任期はあと数週間、何事も無く無事に終わるはずだったけど…
ジャックは記憶が抹消されてるにも関わらず、時々断片的によみがえる。その記憶には美しい女性が登場する。ある日、古い宇宙船が墜落、冷凍睡眠状態の乗組員の中にその女性を見つけるの。
彼女は目覚めジュリアと名乗りそして60年冬眠してたよう。その間に地球は変わってしまった?らし。でも二人は明らかに接点がありますが、60年の差があってなんで?ジャックと同年齢と思いつつ、時間も騙されてるのかと思いきや、そっちでしたか~
地球は一部が放射能に汚染され、エイリアンがまだ乗って抵抗してる、でも何かが違う。そしてエイリアンの正体は、更に汚染されてた地域では…です。

彼は何故?感情を過去の記憶を得てたのか?守ると言う役目で与えられてたのか?それとも不具合か?それをじっくり観察してた者たちに導かれ事実を知り、彼は決断する。

伏線がちゃんと消化されて、なるほど~でした。

しかし侵略の手法は上手い手だなぁ~惑星の性質を理解し、自然現象で破壊し、そして抹殺するにはDNAを使う。それは最後の最後まで利用される。エイリアンは生命体だけの存在の様でしたが、なんで海水が必要だったんでしょうね?まぁ正体も明らかになりませんから、そこは余り重要に描きたいところでは無いんでしょうね?そう考えると結局はこの作品って恋愛物じゃないだろうか?って思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード