L.A. ギャング ストーリー

L.A.ギャング ストーリー〔上〕 (ハヤカワ文庫NF) (ハヤカワノンフィクション文庫)L.A.ギャング ストーリー〔上〕 (ハヤカワ文庫NF) (ハヤカワノンフィクション文庫)
(2013/03/22)
ポール・リーバーマン

商品詳細を見る

ジャンル:アクション
原題: GANGSTER SQUAD
製作年: 2013年
初公開年月:2013/05/03
製作国 :アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間: 113分
監督:ルーベン・フライシャー
原作:ポール・リーバーマン
『L.A.ギャング ストーリー』(早川書房刊)
出演:ジョシュ・ブローリン ライアン・ゴズリング ショーン・ペン ニック・ノルティ エマ・ストーン アンソニー・マッキー ジョヴァンニ・リビシ マイケル・ペーニャ ロバート・パトリック ミレイユ・イーノス

1949年、ロサンゼルス。街は巨大犯罪組織のボス、ミッキー・コーエンに牛耳られ、不正や悪がはびこっていた。また、彼の影響力は政治家や警察内部にも深く浸透し、表立って取り締まることはほとんど不可能だった。そんな実情を見過ごせずにいたジョン・オマラ巡査部長に、ある日ついに市警本部長から密命が下る。それは、少数精鋭の極秘部隊“ギャングスター・スクワッド”を結成し、ミッキー・コーエンの組織を隠密裏に壊滅せよ、というものだった。さっそくオマラによってジェリー・ウーターズら署内のはみ出し者ばかり6人が集められた。そして、彼らは街の未来を取り戻すため、警察バッジを外し、法に縛られることなくギャング顔負けの手段でミッキー・コーエンに立ち向かっていく。

ロス市警が、キレた。
“本当にあった”
最強部隊と大物ギャングの死闘。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
2013.05 L.A. ギャング ストーリー

いけるか?って思ったけど好みじゃ無かった…
銃撃ちまくって肉弾戦は解りやすいけど、もう少し駆け引きとか騙し合いとかあるとの方が好きかもね?!

ギャングのボスがまたさすがの演技力で最低の男なのに魅力的?
刑事側もそれぞれ個性がありましたが、皆さんやっぱり単純な動機と言うか純粋な正義なのかもね?ジェリー刑事だけは最初は我関わらずだったけど、懐いてる靴磨きの少年が犠牲になった事で奮起しちゃいました。リーダーであるオマラ巡査部長もなんだか動機がイマイチで?やっぱり正義なんでしょうか?ただ戦争の続きしてんじゃ?って感じでした。

時代の背景は衣装や車を含めて良い感じ、久々にパカパカと煙草を吸うシーンが大量なのもある意味、良かったです。画面からは副流煙は無いしね(笑)

それでもギャングのアジトを破壊し追い詰めて行くのにはスッキリします。
ラストはやっぱり法を守らなきゃ?でしょうか?
で、見てる間、こいつが裏切るのか?とか、実はこいつは!と疑いつつ見てましたが…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード