プリンセス・アンド・ウォリアー

  • 2013/03/20(水) 22:06:26

プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]
(2007/09/07)
フランカ・ポテンテ.ベンノ・フユルマン.ヨアヒム・クロール.ラース・ロドルフ.ルドガー・ピストール

商品詳細を見る

ジャンル:サスペンス
製作国:ドイツ
製作年: 2000年
公開情報:劇場未公開
上映時間:130分
監督: トム・ティクヴァ
出演:フランカ・ポテンテ、ヨアヒム・クロル、ラルス・ルドルフ、メルキオール・ベスロン、、ラース・ロドルフ


交通事故に遭い瀕死の状態だったところを、逃走中の強盗犯・ボドに助けられた看護師のシシー。その後、再会を果たしたふたりの運命が大きく変わっていく。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

不思議な雰囲気…冒頭の救命シーンまともに見れなかった(T_T)
この手のシーンが究極に苦手です。

精神病院で働く看護師のシシー…泊まり込みなんだぁ~ってちょっと違和感を感じたけど同僚もだったのでまぁ寮なのか?って感じでしたが、違和感は終盤でで納得。そしてこのタイトルも…
シシーは患者にも人気者です。仕事以外でサービスし過ぎでは?って思ったけど、その相手が~って思うと気持ち悪いとと言うか逆に納得と言うか?

シシーはある日、事故に合い瀕死の状態。そんな彼女に気が付いたのが犯罪者で心に傷を持っててこの事故の原因を作ったような立場な奴だけど。軍人としての経験か?シシーを助ける。
彼女は運命を感じるのね・・・そして彼を見つけ出そうとするんだけど協力するのは盲目の患者で、その患者には超能力が!とファンタジー要素、更に患者で障害者の彼を利用し逆手にとってかなり強引に彼を見つけ出しちゃうの。でも、冷たくあしらわれちゃって、その訳を彼の兄に聞く。
彼を助けれるのは私だけ!って誤解と錯覚するのは銀行のシーンかな?
犯罪者として追われることになった彼を病院で匿うんだけどそれがきっかけでシシーの秘密。そしてシシーの母の死の秘密が明らかになるけど追い詰められた二人は手を取り会って…

ラストは心の葛藤?負の心を迎えにきた兄、写真で笑ってる場所に辿り着く二人…悲惨な状況の二人だけど未来は優しい感じがしました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する