2013_01
31
(Thu)23:22

テッド

Ted 24-Inch Talking Plush Teddy Bear テッド テディベア おしゃべりぬいぐるみ 「クリーントーキング版(通常版)」 24インチ 米国正規公式ライセンス品 並行輸入品Ted 24-Inch Talking Plush Teddy Bear テッド テディベア おしゃべりぬいぐるみ 「クリーントーキング版(通常版)」 24インチ 米国正規公式ライセンス品 並行輸入品
()
不明

商品詳細を見る


ジャンル: コメディ
製作年 :2012年
初公開年月:2013/01/18
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和
上映時間:106分
監督 :セス・マクファーレン
出演: マーク・ウォールバーグ ミラ・クニス セス・マクファーレン ジョヴァンニ・リビシ
パトリック・ウォーバートン

1985年・ボストン郊外。いじめられっこにも相手にされない独りぼっちの少年ジョンは、クリスマスにプレゼントしてもらったテディベアと、本当の友達になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンと約束する。「一生親友だよ」と。それから27年。ジョンとテッドはすっかり30代のおっさんになり、約束通り“親友”として今日も自宅ソファーでマリファナを片手にB級映画を満喫。一時は“奇跡のテディベア”ともてはやされセレブになったテッドも、幻覚キノコで逮捕されてからは人気が急降下し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアになっていた。そんな中、4年間付き合っている彼女ローリーに、「あたしとエロテディベアのどっちが大事なの?」と究極の選択を迫られたジョンは、テッドから自立することを決意するが……。
テッド - goo 映画


世界一ダメなテディベア、出没。
動いて、喋って、オヤジになった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

2013.01.18 テッド
見たかったんだけど時間が合わず、今週は何とか妥協できる範囲だったので行っちゃった。
それにしても15禁で何故?吹き替えがあるのか謎なんですが…もちろん字幕で鑑賞。
そして意外と動員数が多いのにびっくり!最近、見た作品の中で一番多い客入りでした。

特にカップルが多くって…デート・ムービー?にしちゃエロネタ多いしねぇ(-_-;)それに80~90年代の映画ネタも多くって若い人にはどうなんだろう?
こちらはお蔭で?この映画ネタがツボにハマっちゃってかなり楽しめました♪でも、フラッシュ・ゴードンはさすがに見てないなぁ~クィーンの曲は最近でもたまに聞くんだけどね。主役の二人?ジョンとテッドはこのフラッシュゴードンにリスペクトしちゃってて、当時、演じてた俳優まで出て来ちゃて…でも、知らなくってごめんなさい。あ!ノラ・ジョーンズ登場は嬉しかった♪

おとぎ話風なスタートです。友達の居ない子供の純粋な願いが届き、クリスマスプレゼントのくまのぬいぐるみに魂が宿って2人は大親友へ。世間もこのくまさんを認めて当初は騒いだけど今や至って普通な状況に…意外とこんなものかもね?って思った。それにしても子供時代を演じてた子役、似てたわ~成長までのスナップショットも良い感じのノスタルジーでしたが、現代…可愛いぬいぐるみだって成長しちゃうんですね。子犬だって子猫だって小さいまま留まらないもんね。
でも、ジョンが35歳になってもぬいぐるみのテッドとは同居し大親友だし一緒に映画見てハッパ吸って(おい!)苦手な雷も二人で乗り切る!そんなジョンには4年も付き合ってる恋人が居てるのにびっくりですね~しかも3人?一緒に住んでるしね。
でも、ジョンはいつまでも子供で大人に成りきれず恋人のローリーに迫られる…私かテッドか選べと…ジョンは決断してテッドと離れて暮らすけど、頻繁の合ってるるんですねこの二人は(笑)

ローリーは上司に迫られてるしテッドは怪しすぎる父息子に狙われてるし3人はどうなっちゃうの~って感じです。

ジョンの大人に成りきれてないのは決してテッドのせいじゃ無いって思うんだけど、実際に決断してるのはおまえだ~ってテッドに指摘されちゃってるし、だけどね~傍に居てると甘えちゃうんですよね。でも、別れて本当に大事な存在に気が付いて、少しだけ大人になってまた近づいちゃう…そんな感じです。
どっかで見たような二人だと思ったら、何だかのび太とドラえもんの関係って感じ、過激なドラちゃんだけどね。

そうそう、日本だからって人気だからって字幕にくまもんの登場は不要じゃ無いか?

テッドは中身はオヤジでも見た目は可愛い♪そして少しだけ物悲しい表情にみえちゃうんですね。でも、動いててもちゃんとフワフワ感があってやっぱり可愛い♪

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック