東京家族

東京家族 (講談社文庫)東京家族 (講談社文庫)
(2012/12/14)
白石 まみ

商品詳細を見る

ジャンル:ドラマ
製作年: 2012年
初公開年月:2013/01/19
製作国: 日本
配給: 松竹
上映時間:146分
監督: 山田洋次
出演 :橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優 小林稔侍 風吹ジュン


瀬戸内海の小さな島で生活している平山周吉と妻のとみこは、子供たちに会うために東京にやって来た。二人は個人病院を開く長男・幸一の家を訪れる。美容院を営む長女・滋子、舞台美術の仕事に携わる次男・昌次が集い、家族揃って食卓を囲むも束の間、忙しい日々を送る彼らは両親の面倒を見るのを嫌がり、両親をホテルに宿泊させようとする。周吉は寂しさを覚え、やめていた酒を飲んで騒動を起こしてしまう…。
東京家族 - goo 映画

おかしくて、かなしい。これは、あなたの物語です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


0213.01.24 東京家族

ある家族の物語。等身大で描かれてたのが良いですね。
長男は開業医だけど、豪邸に住んでる訳でも無く、妻と息子二人で至って庶民的な暮らし。長女は自宅兼店舗で美容室を開いてるけど、狭い家で夫と二人暮らし。末っ子の次男は舞台美術と言いながらも小間使い的なアルバイトで生計を立ててる。
医師の息子ってなかなか居ないかも知れないけど?まぁ少し探せばいそうな家族。
広島・瀬戸内海の島で暮す年老いた両親が子供たちが暮らす東京へ出て来るところから物語は始まります。
長男家族は快く両親を迎える…多少子供の反発もあるけど?長女家族も狭い家だけど迎え入れるけど、数日経つとやっぱり両親が居てる非日常に違和感を感じる。そんなこんなで両親を有名なホテルに招待するけど…両親にとっては居心地が悪くって、島に帰ろうと思い始める。ホテルを引き払って長女宅に変えるも、その日は運悪く町内での寄り合いの会場に…追い出されるように出る二人は、親は元同僚の墓前に手を合わすことも目的としており、生存し息子の世話になってる友人を訪ねる。妻は可愛い末っ子の元へ…それぞれの思いを語る…
そして両親が揃った瞬間に妻が倒れ…

ハッキリ言ってスペシャル予告で完全ネタバレしてますから、意外性も無いし、そして描く気も無い作品で淡々と家族が映し出されてます。
泣くか?って思ったけど、そんな事も無く、そしてこの家族は幸せだな~って思う。それぞれに欲を言い出したらキリないし希望だって、違った意味では自分のエゴだもんね。
皆が元気で暮してるのが親にとっては一番なんだろうし、年を重ねるって事はそういう事に気が付くのかも?!まぁ人それぞれ…


若者の住みにくさと目的に見えなさ、子供の夢の無さを描きつつ、家族だけでない周りの人々の温かさを描いてる。そして残るのは若い二人の新しい一歩、希望を感じさせ終わります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード