レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル~サウンドトラックレ・ミゼラブル~サウンドトラック
(2012/12/26)
サントラ、ラッセル・クロウ 他

商品詳細を見る

ジャンル: Music/ミュージカル
製作年: 2012年
初公開年月:2012/12/21
製作国: イギリス
配給: 東宝東和
上映時間:158分
監督: トム・フーパー
出演: ヒュー・ジャックマン  ラッセル・クロウ アン・ハサウェイ アマンダ・セイフライド
エディ・レッドメイン ヘレナ・ボナム=カーター サシャ・バロン・コーエン サマンサ・バークス アーロン・トヴェイト イザベル・アレン


19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、彼は市長にまでなっていた。バルジャンはファンテーヌという娼婦と知りあい、彼女の娘・コゼットを里親から取り戻すと約束をする。しかしある刑事の出現をきっかけに、彼の過去が暴かれることとなり、彼は自分の正体を告白し、コゼットを連れて逃亡する…。
レ・ミゼラブル - goo 映画


愛とは、生きる力。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
2012.12.26 レ・ミゼラブル

わずかパン1個を盗んだために罪を一生背負う事に成ったジャン・バルジャン。奴隷のような服役期間を20年も経て世に出るが、罪人は許されることなく、そんな状況に彼の心は荒んでいく…小お馴染みの内容です。原作読んでなくても、ミュージカル舞台を見てなくても内容を知らない人は居ないんじゃないだろうか?って作品ですが、はっきり言って冒頭しか印象に無かったです(^^ゞそう、司教の行為によって改心し正しく生きようとした瞬間までならしっかり覚えてました。
司教の行為とは何とも神々しいですね。こう言う方に導かれるのであれば宗教、神を信じてみようか?って気になります。

その後、事業が成功し市長になって、弱い人に施し人格者になった彼の前に現れたのは法を守ることに捕らえられたシャベール。彼を追う事が生きるすべてのようなシャベールの人生はとにかく切ない。それに自ら気が付いたとき、シャベールはそうするしか無かったのか?って思いますね。ジャン・バルジャンが請えたようにシャベールにも請えて欲しかったけどね。

シャベールとの再会で彼は少しだけ見失い、そのタイミングで不幸になった女性、そしてその娘のために彼は最大限の事をするんですよね。もう、愛って言葉だけじゃすまないような行為です。
彼は良心の元、全てを話、またシャベールに追われてる立場に…だけどそれなのに家族を得た喜びに包まれるジャン・バルジャンが印象的でした。
そして家族に成った娘のために娘の愛した人を守る…凄いですね。

娘のために身を売る女の悲しさと強さ、庶民の暮らしを良くするために学生が起こす革命の高揚感、初めて愛を確かめた初々しい2人、叶わぬ恋の悲しみ、そして死を目前にようやく許されたと感じる思い。なんともストレートな表現だけどミュージカルの強みなのか大げささを感じず真っ直ぐ心に入り込んできます。

アップが多いのですが、キャストが豪華で素晴らしい!コゼットの子供時代がアマンダに良く似てて…コゼットを預かってた宿屋の夫婦のコミカルさ懲りない小悪党な感じも最高に良かったです。

長い上映時間ですが全く気にならず、今年を締めくくる最後の映画として最高でした。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レ・ミゼラブル

人を愛し、夢を失わず、困難に立ち向かう。 圧倒的な歌声に迫力ある映像で、感動の涙~☆ LES MISERABLES 監督:トム・フーパー 製作:2012年 イギリス 原作:ヴィクトル・

コメントの投稿

非公開コメント

夢眠さん、こんにちは!

長い時間が全く気にならずに、引き込まれる内容でしたね。
夢眠さんは泣きました?
私は、泣き過ぎちゃって後がしんどかったです(^▽^;)
あまりにストレートに登場人物全員の感情が入り込んじゃって・・・
コゼットの子供時代の少女は、あの絵にもそっくりでしたよね!

Re: 夢眠さん、こんにちは!

YANさまへ

最後で泣いちゃいましたね。
そして警部の自殺も考えるものがありました。

子役、本当にあの絵にそっくり!
プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード