2012_12
22
(Sat)21:23

ホビット 思いがけない冒険

ホビット〜思いがけない物語〜ホビット〜思いがけない物語〜
(2012/11/10)
J.R.R. トールキン

商品詳細を見る


ジャンル: SF/ファンタジー
製作年 :2012年
初公開年月:2012/12/14
製作国: アメリカ=ニュージーランド
配給: ワーナー・ブラザース映画
上映時間:170分
監督: ピーター・ジャクソン
原作:J・R・R・トールキン
『ホビットの冒険』
出演: イアン・マッケラン マーティン・フリーマン リチャード・アーミティッジ ジェームズ・ネスビット ケン・ストット クリストファー・リー ヒューゴ・ウィーヴィング アンディ・サーキス エイダン・ターナー


ビルボ・バギンズは、ドラゴンに支配され失われてしまったエレボールのドワーフ王国の再建をかけ、壮大な冒険の旅へ出る。ある時、魔法使いのガンダルフに突然声をかけられ、ビルボは、伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフから成る一団に参加することになる。道中、ゴブリンやオーク、破壊的なワーグと巨大な蜘蛛、シェイプシフター、そして魔術師で埋め尽くされた危険な荒野へと誘われていく一団。彼らは東を目指す。目的地ははなれ山の荒地にあり、そこに辿り着くためには何としてもゴブリン・トンネルを生きて通り抜けなくてはならない。そこでビルボは自身の人生を永遠に変えてしまうクリーチャーと出会ってしまい……。
ホビット 思いがけない冒険 - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
2012.12.14  ホビット 思いがけない冒険

物語に引き込む吸引力は凄いです。分厚い本を開いて物語と挿絵を楽しみながら想像していく世界が目の前に現れてくるような感じ。

原作、知らないけど指輪物語の3部作はしっかり映画館で鑑賞、数年前のあの時に見たまま、まるで時を止めたかのような役者さん達にびっくりです。

3時間弱の上映時間に微妙にビビってましたが…気になりませんでした。しかも珍しく3Dで見ちゃった。もちろん?字幕版ですけどね。残念なのはスクリーンが小さかった事かなぁ~紙芝居とか?なんだか枠を覗いてる感じでした。

物語は3部作らしいので完結しません。はい(-_-;)今作は出会いと信頼かな?ドワーフの悲しい過去と復讐?が魔法使いの懸念と結びつき、そして何故かホビットを仲間として迎えたいと思った?かな~安定志向のホビットが冒険に出る、それはドワーフの切なさを感じたのかも?だけどドワーフは魔法使いもホビットも信じず、エルフに至っては敵視…だけど同じ種族だけでなく信頼は生まれるのだと物語る。まぁ物語の序盤ですね。指輪物語もしっかり絡み、あの時登場!なメンバーも出て来て物語が繋がる。
ホビットのバギンズの心の揺れと決意と正義、解りやすくそして潔いくらいで凄く気持ちが良かったでう。

全体的になんだか、とっても良かったです。2部は一年先らしいけど…覚えてるか不安であるけど?楽しみです。
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック