悪の教典

悪の教典 オリジナル・サウンドトラック悪の教典 オリジナル・サウンドトラック
(2012/11/07)
V.A.

商品詳細を見る

ジャンル: スリラー
製作年: 2012年
初公開年月: 2012/11/10
製作国: 日本
配給: 東宝
上映時間: 129分
監督: 三池崇史
原作:貴志祐介
『悪の教典』(文藝春秋刊)
出演: 伊藤英明 二階堂ふみ 染谷将太 林遣都 浅香航大 水野絵梨奈


晨光学院高校2年4組担任の英語教師・蓮実聖司は、爽やかな風貌と明るい雰囲気で生徒や同僚教師から深い信頼を得ている。集団カンニングの防止やモンスターペアレントの対応などにも積極的に取り組んでいた。物理教師の釣井はそんな蓮実の動向を怪しみ、彼の過去を調べ始めていた。同じ頃、生徒の早水圭介も蓮実に疑いを抱く。実は蓮実が過去に勤務していた学校では、集団自殺事件が発生していたのだ。事件に蓮実が関係しているのか…?
悪の教典 - goo 映画

まるで出席をとるみたいに、
先生はみんなを殺し続けたんだ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


2012.11.20  悪の教典

問題作らしいですが?見て来ました。
原作のある作品は映画化が難しいようですが、原作は未読なのでなんとも…
ただ貴志祐介の作風は好きですね~見終わった後、読んでみようかな?って思ったりもしました。でも、本当に最近、本を読まなくなりました・・・

主悪?のハスミンを演じたのは伊藤英明なのですが、この役者さんって良い人そうですね~今までの役柄もそのまんま…なので特に興味が無かったのですが、今作を見て演技派なのだと認識しました。うさん臭そうな良い人ぶりやサイコパスな表情などなど、嫌悪感すら感じさせるような演技力でびっくりしました。

学生を演じてた若い役者さんは、ほぼ誰がだれか解りませんでしたが、ちょっと嫌な問題の多い教師を山田孝之?何だか顔が変わりましたよね~「その夜の侍」も凄く楽しみです。

前半は静、後半は動でしょうか?でもハスミンの心理をもう少し描いてたら良かったかも?!
学校って場所は閉鎖的なコミニティだと改めて思いますね。生徒間、先生と生徒、先生同士などなどいろんな問題が山積されてるようです。ましてや思春期の男女の微妙な恋心とか?少し頭が良いだけの嫌味な奴とか、ゲイの問題も絡んでるのが今風?先生も色々で…生徒を脅す悪い奴や生徒と関係を持つ先生など(-_-;)文句を言う父兄とかいろいろな問題を抱えてますね。
ハスミンは爽やかなアメリカ仕込みの英語の教師。生徒の受けも良い。でも、ハスミンの過去は?正体は?それを最初に疑い出したのは同僚の先生なんだけど、気が付き方が暗いわ(笑)まぁ、次々と犠牲になっちゃうんですね。上手に隠していくんだけど…タイミング悪く全く関係の無い生徒と鉢合わせしちゃって、狂気に至るのかなぁ?原作には描かれてるようなんですけどね?ただ映画だけを見てると隠しきれなくって死体の山を築く事で犯罪を隠したかったのかしらね?

散弾銃をぶちかまし次々に殺していくのは凄かったですが、飽きちゃうんですね。生徒名簿に線を引いて確認はあったけど、いっそうの事、カウントでもとれば良かったんじゃないでしょうかね?ハスミンに共感するなんてありえませんが、あくまでも物語なので、全く現実じゃないと思えば特に不快感などは無いですね。
ハスミンが犯人だと言う決定打の伏線は微妙(-_-;)だけど現代的?そうだったんだぁ~ですね。

一人殺していくたびに過去の自分を思い出すハスミンは殺しは快楽では無いと言うけれど、それじゃ何?です。こう言う人ってやっぱり脳に決定的な障害があるんでしょうか?

ラストは既にハスミンは次のステージへと進もうとしちゃってました。怖いですね~
音楽がなんとも排他的で良いです。やたら明るい曲でも歌詞の内容は怖いのね。エンディングの曲は合わんのでは?とも思いましたが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード